CA Service Desk Manager (CA SDM) r12.9 高可用性環境のシングルトンデーモン (シングルトンプロセス) について

Document created by Kaori_K Employee on Jun 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000371
製品名Service Desk Manager
バージョン12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

CA SDM 12.9では、新機能として高可用性アーキテクチャ (Advanced Availability – AA) を導入しています。

 

この設定は、1つのバックグラウンドサーバと、少なくとも1つのスタンバイサーバ、アプリケーションサーバで構成されています。 アプリケーションサーバは、標準構成のセカンダリサーバと比べ、より独立して動作しますが、まだいくつかのタスクはバックグラウンドサーバによって動作し ています。 このようなタスクは、バックグラウンドサーバでのみ動作しており、シングルトンデーモン (シングルトンプロセス) とよばれています。

 

この文書では、CA SDM 12.9 AA環境のシングルトンデーモン (シングルトンプロセス) の一覧をご確認いただけます。

 

◆ Solution


Time Management
animator_nxd


Database Cleanup
arcpur_srvr


Authentication
bopauth_nxd


Knowledge/ Search Engine
bpebr_nxd
bpeid_nxd
bu_daemon
keith_daemon
krc_daemon


Database KPIs
kpi_qry_daemon


External Directory Integration
ldap_virtdb


Inbound Email
pdm_maileater_nxd


Version Control Server
pdm_ver_nxd


SLA Time-to-Violation Prediction
ttv_nxd


Web Screen Painter
wsp_domsrvr
wsp_webengine

 


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC611567 を翻訳し加筆したものです。

Title: Information on Singleton Daemons in a CA Service Desk Manager (CA SDM) 12.9 Advanced Availability Environment

Attachments

    Outcomes