r11.0からr11.3へバージョンアップ後、CA7ONL起動時にCAL2S1212のメッセージが出力されました。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 22, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001210

 

製品名:CA Workload Automation SE

バージョン:r11.3

OS: z/OS

 

Question


CA Workload Automation SE(以下CA 7)をr11.0からr11.3へバージョンアップ後、CA7ONL起動時に以下のメッセージが

出力されました。このメッセージの意味はなんでしょうか?


***************************************************************

CAL2S1212 - NOTE! Parallel Submission Processing  *

CAL2S1212 - forced off (PSP=N);                                 *

CAL2S1212 - SASSXX02 exit NOT supported by PSP *

***************************************************************

 

Answer

メッセージの意味について

  CA7ONL起動時に、PSP=Y(並列サブミット処理)で実行しましたが、このCA 7のシステムには、PSPをサポートしない SASSXX02 exit が導入されていたので、内部的にPSP=Nに変更されました。特にCA7ONLの起動には影響はありません。


PSP=Y(並列サブミット処理)

CA 7 r11.1からPSP=Yのために、新しい2つのEXITが導入されました。

SASSXX20(CPUサブミットEXIT)

SASSXX21(XPJOBサブミットEXIT)


SASSXX20は、SASSXX02と同様の動作をPSP=Yの際に実現するEXITです。


PSP=N(順次サブミット処理)

SASSXX02(JCLサブミットEXIT)


対応方法:

このメッセージを抑止したい場合には、ONLINEパラメータのOPTIONSステートメントにPSP=Nを指定してください。

PSP=Y機能を利用する場合には、SASSXX02の代わりにSASSXX20を使用してください。

詳細に関しましては、『System Programmer Guide』を参照してください。

Attachments

    Outcomes