CA Datacom/AD v14.0へアップグレード後にMUFを実行した時、DB00501Eエラーで失敗しました

Document created by KAZUHIKO_FURUISHI Employee on Jun 22, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001125

 

製品名: CA Datacom/AD

バージョン: v14.0

OS: z/OS

 

Question

 

CA Datacom/AD v14.0へアップグレード後にMUFを起動すると、つぎのエラー・メッセージが出力されました。

どのような対処をすればよいですか?

 

DB00501E - OPEN ERROR - RETURN CODE 60 (146) CXX=cxx name (LXX ) 

 

Answer

 

CA Datacom/AD v14.0からLXX(ログ・ファイル)は、VARIABLEフォーマットのみのサポートとなりました。

CA Datacom/AD v14.0の導入ライブラリ(INSTJCL)において、AXNEW01メンバ内のLXXINITステップでの

DBUTLTYを実行してLXX(ログ・ファイル)をVARIABLEフォーマットに初期化してください。

 

DBUTLTYSYSIN指定内容>

//SYSIN DD *

INIT AREA=LXX,BLKSIZE=32760,TSN=00000001,VARIABLE=YES

/*

//

Attachments

    Outcomes