ACMファイル(ACMROOT、ACMXREF)のバックアップについて

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jun 23, 2015Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001042

製品名:CA Endevor

バージョン:R12以降

OS:z/OS

 

Question

ACMファイル(ACMROOT、ACMXREF)のバックアップについて

 

Answer

ACMQデータはROOTとXREFの2つのファイルに保管されます。

これらのファイルはIDCAMSかDFDSSでバックアップを行うことが可能ですが、個別に行った場合、同期がとれない可能性があります。

表面上、バックアップ処理としては正しいものになりますが、リカバリを行う際、同期がとれない可能性があるため、そのデータを使用することを推奨することが出来ません。

(BC1JACMDとBC1JACMLでACMファイルを再作成する場合は問題ありません。)

 

有効なACMQバックアップとしましては、PTF(R12:RO26058、R14:RO26055)を適用していただくことで、ACMQの再編成ユーティリティ(BC1PACMO)が更新され、同期のとれたバックアップを取得するための新しい機能が追加されますので、そちらをご利用ください。

 

PTF適用後、BC1PACMOは、実行時に2つのDDステートメント(ROOTCOPY、XREFCOPY)の存在をチェックします。

 

2つのDDが有効でROOTとXREFファイルが割り当てられた場合、再編成中にバックアップされます。

 

2つのDDが無効な場合、バックアップ無しで再編成が行われます。

 

2つのDDに対するDCB情報が間違っていた場合、ACMR050Eメッセージが出力され、再編成は行われずRC=12で終了します。

 

両方のファイル(ROOTCOPY、XREFCOPY)は、RECFM=FまたはFBのPSファイルでLRECL=4096でなければなりません。

 

再編成中のバックアップ取得に想定されるオーバーヘッド(elapsed time)は数秒です。

 

JCLのサンプル

//*(JOBCARD)

//*-------------------------------------------------------------------*

//*   COPYRIGHT (C) 1986-2010 CA. ALL RIGHTS RESERVED.                *

//*                                                                   *

//* NAME: BC1JACMO                                                    *

//*                                                                   *

//* FUNCTION: THIS JOB ENSURES THAT THE ACM ROOT AND                  *

//*           CROSS-REFERENCE DATA SETS ARE OPTIMALLY ORGANIZED       *

//*           FOR BEST QUERY AND UPDATE PERFORMANCE.                  *

//*                                                                   *

//*  THIS JOB SHOULD BE RUN AT LEAST ONCE DAILY, BUT MORE FREQUENTLY  *

//*  IF THE NUMBER OF COMPONENT LIST UPDATES IS HIGH.                 *

//*                                                                   *

//*  FOR MORE INFORMATION PLEASE REFER TO THE ACM GUIDE CHAPTER-2     *

//*  SECTION "MAINTAINING THE ROOT AND XREF DATA SETS"                *

//*                                                                   *

//*  1) ADD A VALID JOB CARD AT THE FRONT OF THE JOB STREAM.          *

//*  2) CHANGE THE DATASET NAMES AND OTHER VARIABLES                  *

//*     TO APPROPRIATE VALUES FOR YOUR INSTALLATION.                  *

//*-------------------------------------------------------------------*

//STEP01   EXEC PGM=NDVRC1,PARM='BC1PACMO',REGION=4096K

//*

//STEPLIB  DD DISP=SHR,DSN=prefix.endbas.r14sp00.CSIQAUTU

//         DD DISP=SHR,DSN=prefix.endbas.r14sp00.CSIQAUTH

//CONLIB   DD DISP=SHR,DSN=prefix.endbas.r14sp00.CSIQLOAD

//SYSPRINT DD  SYSOUT=*

//SYSUDUMP DD  SYSOUT=*

//SYSOUT   DD  SYSOUT=*

//ACMMSGS1 DD  SYSOUT=*

//*-------------------------------------------------------------------*

//* UNCOMMENT THE FOLLOWING TWO DD STATEMENTS IF YOU WANT BC1PACMO    *

//* TO BACKUP YOUR ACMQ ROOT AND XREF DATA SETS                       *

//*-------------------------------------------------------------------*

//ROOTCOPY DD  DISP=(NEW,CATLG),DSN=your.acmq.root.backup,

//       DCB=(LRECL=4096,RECFM=FB,DSORG=PS),UNIT=sysda,VOL=SER=work01

//XREFCOPY DD  DISP=(NEW,CATLG),DSN=your.acmq.xref.backup,

//       DCB=(LRECL=4096,RECFM=FB,DSORG=PS),UNIT=sysda,VOL=SER=work01

//

Attachments

    Outcomes