DEVSUPxxシステムパラメータのNON_VSAM_XTIOT(YES|NO)の設定で考慮すべきことが有りますか?

Document created by KAZUHIKO_FURUISHI Employee on Jun 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001126

 

製品名: CA Datacom/AD

バージョン: All

OS: z/OS

 

Question

 

DEVSUPxxシステムパラメータのNON_VSAM_XTIOT(YES|NO)の設定で考慮すべきことが有りますか? 

 

Answer

 

z/OS 1.13より、DEVSUPxxシステムパラメータのNON_VSAM_XTIOTのデフォルトがYESに変更されました。

NON_VSAM_XTIOT=YESの設定でMUFを起動すると、DBOP1PRモジュールでS0C4アベンドします。

 

z/OS 1.13以降の環境で上記のアベンドを回避するには、次のいずれかの対応方法を検討してください。

1. NON_VSAM_XTIOT=NOの設定に戻す。

2. NON_VSAM_XTIOT=YESで使用する場合は、CA Datacom/ADの環境に以下のPTFを適用してください。

 (Datacom/AD r12.0の場合)

   RO41721 - FMID: CBDC000

   RO41830 - FMID: CBDC000

 (Datacom/AD r14.0の場合)

   RO41209 - FMID: CABDE00

Attachments

    Outcomes