リスト画面の表示を1チケットにつき複数行に変更したい、フィールドが折りたたみ表示されるのを止めたい

Document created by Kosei_Oshita Employee on Jun 24, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Mar 31, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000456
製品名Service Desk Manager
バージョン12.6
OSWindows

 


 

◆ 概要

本ナレッジでは、リスト画面の表示を 1 チケットにつき 1 行ではなく、複数行表示にする方法、 フィールドの折りたたみ表示をやめる方法についてご案内します。本記事でご案内する方法は製品機能ではなくカスタマイズによる手順となりますのでご注意ください。

Service Desk Manager R12.5 では、チケットのエントリは 2 行表示になります。

 

図1 : SDM r12.5 インシデントリスト
036010104_img001.gif

SDM r12.6 には 'Data grid list' と呼ばれる新機能があり、これにより表 2 、表 3 のようにリスト画面のフィールドを折りたたむことができます。 ‘ + ' アイコンをクリックすると、折り畳まれているデータをすべて確認できます。

 

図2 : SDM r12.6 インシデントリスト ? フィールドが折りたたまれた状態
036010104_img002.gif

図3 : ‘+’ をクリックして、フィールドを全て表示
036010104_img003.gif

 

◆ 設定方法

SDM r12.6 では、チケットの表示を 1 列ではなく 2 列にする設定オプションは提供していません。

しかしながら、 インシデントリストの各エントリのフィールドが折り畳み表示されないようにカスタマイズできます。 プロブレムやリクエスト などの他のチケットタイプでも同様の手順で変更できます。

 

1. Web Screen Painter(WSP) を開きます。

2. list_in.htmpl ファイルを開きます。

3. [source] タブをクリックします。

4. 以下の行の'startrow=yes' を 'startrow=no' に変更し、list_in.htmpl を保存します。

[変更前]
<PDM_MACRO name=lsCol attr=open_date label="Open Date" startrow=yes>

[変更後]
<PDM_MACRO name=lsCol attr=open_date label="Open Date" startrow=no>

5. WSP メニューにある File をクリックし、[Publish] を選択します。これにより、リスト表示されている各インシデントの全フィールドが一行で表示されます。

 

図4 : 折りたたみ表示機能を使わないようカスタマイズされた SDM r12.6 インシデントリスト
036010104_img004.gif

 

重要注意事項 : カスタマイズによって生じる不具合については、サポートの対象外となります。パッチ適用後やアップグレード後に想定通り動かなくなる可能性もありますので、カスタマイズは自己責任において行うようお願い致します。

 

 


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

TEC552789: Is it possible to show multiple lines per ticket in a list screen instead of 1 line? Is there the way to stop the collapse of the fields? (公開日:2011/8/23)

 

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。

Attachments

    Outcomes