CMDB_UPDATE_AMBIGUITYの制限

Document created by Kaori_K Employee on Jun 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000419
製品名Service Desk Manager
バージョン12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

50000個以上の構成アイテム (CI) が登録されている環境で、cmdb_update_ambiguity を実行すると、domsrvr がクラッシュします。 この問題が発生したとき、以下のようなログが記録されます。

 

12/05 11:08:09.92 <hostname> domsrvr    2380 FATAL init.c     363 Operator ::new cannot allocate 4224 bytes

12/05 11:08:19.17 <hostname> sqlagt:select3  3796 SIGNIFICANT sqlclass.c   1046 The following statement took 2601 milliseconds: Clause (SELECT ci_superseded.last_update_date , ci_superseded.last_update_user , ci_superseded.not_ambiguous , ci_superseded.superseded_by FROM ci_superseded WHERE ci_superseded.id = ?) Input (<uuid>xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx)

12/05 11:08:19.27 <hostname> kt_daemon   4000 ERROR main.c     203 Domsrvr connection lost

12/05 11:08:19.28 <hostname> animator_nxd   2308 ERROR animator_nxd.c   635 The domsrvr has died! Reconnect will be attempted in 60 seconds

 

◆ Solution

 

これは製品の制限事項です。
アップデートを行う際は CIの数を25000個か、またはそれ以下に分割してください。

 

もしロードまたはアップデートされた CI の数が50000個以下であれば、CI を GUI やGRLoader でロード後、 cmdb_update_ambiguity を実行していただくのが理想的です。 問題は、domsrvr のメモリ使用量がOSの制限値に近づくとクラッシュしてしまうことであり、これは既知の問題です。
CA Support では、この問題を GRLoader で50000個以上のCIをロードした場合にも発生する問題として認識しています。

 

GRLoader の制限に関する正式なドキュメントは、RI27896 をご覧ください。
https://support.ca.com/irj/portal/anonymous/redirArticles?reqPage=search&searchID=RI27896

          


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC604592 を翻訳し加筆したものです。

Title: CMDB_UPDATE_AMBIGUITY Limitation

Attachments

    Outcomes