IIS7でCGIとメタベース互換機能を設定する方法は?

Document created by Kaori_K Employee on Jun 24, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Apr 1, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000430
製品名Service Desk Manager
バージョン12.x
OSWindows

 


 

◆Question

 

IIS7でCGIとメタベース互換機能をインストールするための手順は?

 

◆ Answer

 

このドキュメントは、IIS7でCGIとメタベース互換機能をインストールするための手順を説明しています。
下記の設定はWindows 2008にService Desk r12.xをインストールする前に行う必要があります。

 

サーバに管理者としてログインします。
ログイン後、[スタート] >> [管理ツール] >> [サーバマネージャ] をクリックします。(図1参照)

 

図1:

036010135_001.jpg

 

サーバマネージャの表示後、左側のウィンドウ枠より「役割」 をクリックします。
この操作により、「役割の追加」 がスクリーンの右側ウィンドウ枠に表示されます。
「役割の追加」をクリックします。(図2参照)

 

図2:

036010135_002.jpg

 

「役割の追加」クリックにより、以下の 「サーバの役割」 画面が表示されます。Webサーバ (IIS) のチェックを入れ、<次へ> ボタンをクリックします。(図3参照)

 

図3:

036010135_003.jpg

 

これにより、「役割サービスの選択」 画面が表示されます。 「アプリケーション開発」 配下にある「CGI」 を選択します。 (図4参照)

 

図4:

036010135_004.jpg

 

同じ画面で、画面をスクロールダウンし、管理ツールを探します。 「管理ツール」 配下より、「IIS6管理互換」 を探し、「IIS 6メタベース互換」 にチェックを入れます。 (図5参照)

 

図5:

036010135_005.jpg

 

<次へ> をクリックし、インストールオプションの確認画面を表示します。 (図6参照)

 

図6:

036010135_006.jpg

 

インストール完了後、以下の画面と同様の画面が表示されることを確認します。 (図7参照)

 

図7:

036010135_007.jpg

 

CGIとIIS 6 メタベース互換機能がインストールされたら、ファイル名を指定して実行を起動し、名前に「inetmgr」と入力し、IISマネージャを起動します。 (図8参照)

 

図8:

036010135_008.jpg

 

サイト配下にある Default Web Siteへ移動し、右ウィンドウ枠より、ハンドラー マッピング をダブルクリックします。 (図9参照)

 

図9:

036010135_009.jpg

 

この操作により、以下の画面が表示されます。 *.exeがパスに指定されたCGI-exeが有効に設定されていることを確認します。 (図10参照)

 

図10:

036010135_010.jpg

 

CGI-exeが有効に設定されていない場合、有効に設定するためにCGI-exeを選択し、操作画面より [機能のアクセス許可の編集] をクリックします。 設定変更後、IISサービスを再起動します。

Service Deskインストール後、以下のように、CAisdのCGI-exe設定が有効に設定されていることを確認します。 (図11参照)

 

図11:

036010135_011.jpg

 

万が一、CGI-exeがCAisd配下に存在しない場合、以下の手順で作成してください。
CAisdを選択し、ハンドラー マッピングを選択します。 「モジュールマップの追加」 を「操作」 ウィンドウよりクリックし、以下の項目を入力し保存します。

 

> 要求パス: *.exe
>> モジュール: CGIModule
>>> 実行可能ファイル: (空白のまま)
>>>> 名前: CGI-EXE

     


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC505572 を翻訳し加筆したものです。

Title: How to set up CGI and Metabase Compatibility features in IIS 7.0?

Attachments

    Outcomes