CA 11とCA DATACOM/AD(DB)の正しい起動/終了順序はどのようになりますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 24, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001233

 

製品名:CA WORKLOAD AUTOMATION RESTART OPTION FOR Z/OS

バージョン:r3.0以上

OS: z/OS

 

Question


CA 11とCA DATACOM/AD(DB)の正しい起動/終了順序はどのようになりますか?


Answer


開始の際は、CA DATACOM/AD(DB)は、CA 11のアドレススペースが起動されるまでに、完全に立ち上がっていなければなりません。また、終了の際は、CA 11がCA DATACOM/AD(DB)よりも先に、停止している必要があります。起動終了手順については、以下の流れになります。


   開始のプロセス


1. CA DATACOM/AD(DB)の起動


   以下のメッセージをOSコンソールもしくは、シスログから見つけて正常に起動されたこと確認してください。

   DB00201I - MULTI-USER ENABLED,xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

   ※ お客様がXCF機能やCCI機能を使ったCA DATACOM/AD(DB)をご利用中の場合には、以下のメッセージで正常機能の確認ができます。


  DB00222I - Multi-User Activated CCI Support

  DB00226I - Multi-User Activated XCF Support


2. CA 11の起動

  以下のメッセージをOSコンソールもしくは、シスログから見つけて正常に起動されたこと確認してください。

   

  U11D-0200-1 CA-11 DBAS R3.0 INITIALIZATION COMPLETE


   停止のプロセス


3.  CA 11の停止

  以下のメッセージをOSコンソールもしくは、シスログから見つけて正常に停止されたこと確認してください。

  U11D-0000-2 CA-11 DBAS R3.0 SHUTDOWN COMPLETE

  $HASP395 CAL7 ENDE


4.  CA DATACOM/AD(DB)の停止

  以下のメッセージをOSコンソールもしくは、シスログから見つけて正常に停止されたこと確認してください。

  $HASP395 AD11STRT ENDED


  ☆現在ご利用中のCA 11 R3.0がSP03もしくは、CA 11のPTF:QO84558が適用されているシステムでは、CA 11が稼働中の状態でCA DATACOM/AD(DB)を停止しようとすると、自動的にCA 11がSUSPEND状態になるように機能拡張されております。


<表示例>

U11D-8000-20 HEARTBEAT FUNCTION DETECTED MUF IN EOJ, SUSPENDING CA-11

U11D-8000-5 SUSPENDING DATABASE ACTIVITY

*U11D-8000-14 AUTOMATIC RESUME IN PROGRESS


Attachments

    Outcomes