z/OS 1.9上でCA 11のためにDATACOM/ADを起動したら、B78-5Cでアベンドしました。z/OS 1.6では、このような問題は発生していませんでした。これは、なぜですか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 24, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001234

 

製品名:CA WORKLOAD AUTOMATION RESTART OPTION FOR Z/OS

バージョン:r3.0

OS: z/OS

 

Question


z/OS 1.9上でCA 11のためにDATACOM/ADを起動したら、B78-5Cでアベンドしました。z/OS 1.6では、このような問題は発生していませんでした。これは、なぜですか?


Answer


このアベンドは、システムパラメータDIAGXXのALLOWUSERKEYCSAがデフォルトが、z/OS 1.9では"NO"が設定されているために発生します。この値が"YES"の場合には、問題は発生しません(※)。


対応方法:

以下の"A"または"B"の方法で、この問題を解決してください。


A. システムパラメータのDIAGXXメンバーのALLOWUSERKEYCSAを"YES"に設定

B. DATACOM/ADの起動パラメータCUSMAC(DBDATIN1)修正

    DATASPACE サイズパラメータをYESに設定します。


※ z/OS 1.8より、IBM社はアプリケーションがUser Key(E)CSAにストレージを割り当てるのを防ぐためにALLOWUSERKEYCSAパラメタを設定できるようにしました。これは、CSAストレージを変更する権限のないプログラムから潜在的な危険性を排除するためのもので、現在、z/OS1.9のALLOWUSERKEYCSAパラメタのデフォルトは、"NO"で設定されております。(z/OS 1.8までは、デフォルトは"YES")



Attachments

    Outcomes