CA 11 配下のジョブ実行中に以下のようなメッセージが出力されてジョブがU0999アベンドしました。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 24, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001235

 

製品名:CA WORKLOAD AUTOMATION RESTART OPTION FOR Z/OS

バージョン:r3.0 以上

OS: z/OS

 

Question


CA 11 配下のジョブ実行中に以下のようなメッセージが出力されてジョブがU0999アベンドしました。

メッセージの意味と、対応が必要であれば、その対応方法を教えて下さい。


U11-011 U11PDS REQUEST SERVICE ERROR; REQ:nn SVCRET:nn SVCREAS:nn CRQECB:nnnnnnnn CRQRC:0010


Answer


このU11-011のCRQRC=0010メッセージは、CMTレコードがロックステータスで、CA11のジョブがロックされていた状態を表します。


対応方法:

当該事象の対応には、OSコンソールからABTERMコマンドを発行、もしくはCA11のバッチユーティリティで解除する2つの方法があります。


1.ABTERMコマンドを発行してジョブのロックステータスを解除を行う方法


コマンド例)

comchar ABTERM JOBNAME=jobname,CMT


comcharは、CA11コンフィグレーションデック(CL730CDK※)内の"CMD"で指定されているコマンドキャラクターを使用します。

Jobnameは、アベンドとなったジョブ名を指定します。

CMTは、CMTの代わりにALLを指定することもできます。

※ CL730CDKは、CA11 R3.0でのメンバー名で、R11.0の場合には、CL7B0CDKになります。

 

2.バッチユーティリティを利用して、ステータス確認とロック解除を行う方法


A:ステータスの確認

//STEP1 EXEC PGM=CA11UNLK

//STEPLIB DD DISP=SHR,DSN=ca11.CAILIB

// DD DISP=SHR,DSN=datacom.CAILIB

// DD DISP=SHR,DSN=datacom.CUSLIB

//RMSRPT DD SYSOUT=*

//RMSOPTNS DD *

REPORT78,LOGO=NO

//SYSIN DD *

LIST ALL

/*

//


SYSINに1カラム目から、LIST ALLの代わりにHELPを入力し、実行することで、このユーティリティで使用できるパラメータがレポートされます。



B:CMTのロックを解除する

//STEP1 EXEC PGM=CA11UNLK

//STEPLIB DD DISP=SHR,DSN=ca11.CAILIB

// DD DISP=SHR,DSN=datacom.CAILIB

// DD DISP=SHR,DSN=datacom.CUSLIB

//RMSRPT DD SYSOUT=*

//RMSOPTNS DD *

REPORT78,LOGO=NO

//SYSIN DD *

UNLOCK JOBNAME=XXXXXXXX

/*


上記のSYSINの“UNLOCK”は、コンソールコマンドのABTERMコマンドと同じです。

Attachments

    Outcomes