EASYPLUSのDB2アクセスプログラムをCOBOLプログラム等と同じように、端末監視プログラム(IKJEFT01)配下で実行することはできますか?

Document created by Masaaki_Iyama Employee on Jun 26, 2015Last modified by Masaaki_Iyama Employee on Jun 26, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001019

製品名: CA-Easytrieve Plus

バージョン: ALL

OS: z/OS

 

Question

EASYPLUSのDB2アクセスプログラムをCOBOLプログラム等と同じように、端末監視プログラム(IKJEFT01)配下で実行することはできますか?

 

Answer

はい。可能です。但し、コンパイル&リンクされたプログラムモジュールのみ、端末監視プログラム(IKJEFT01)配下での実行が可能となります。この場合、実行JCLにおいて、PAN$SQL DD fileを指定し、そこで、"TSO"パラメータを与えます。サンプルJCLは、以下をご覧下さい。 

 

端末監視プログラム(IKJEFT01)配下でのEasytrieve Plus DB2アクセスプログラムの実行

【実行方法】

実行JCLにおいて、PAN$SQL DD fileを指定し、"TSO" パラメータを与えて下さい。

 

■サンプルJCL

 

//EXECEZT   EXEC PGM=IKJEFT01,DYNAMBR=20

//STEPLIB      DD DISP=SHR,DSN=your.ezt.target.library

//               DD DISP=SHR,DSN=your.ezt.db2.application.library

//               DD DISP=SHR,DSN=your.pansql.tso.load.library

//               DD DISP=SHR,DSN=your.db2.sdsnload.library

//PAN$SQL     DD *

   TSO                          <=== TSO を指定して下さい。

//SYSPRINT    DD SYSOUT=*

//SYSTSPRT   DD SYSOUT=*

//SYSUDUMP   DD SYSOUT=*

//SYSOUT      DD SYSOUT=*

//REPORT       DD SYSOUT=*

//SYSIN         DD DUMMY

//SYSTSIN      DD *

DSN SYSTEM(D810)

RUN PROGRAM(eztpgm) PLAN(testplan)         <= ※1

END

/*

 

※1   PROGRAM( )で指定するプログラム名は、EASYPLUSの連係編集されたプログラム名となります。

指定するPLANは、EASYPLUSの連係編集時に作成されたPLANとなります。

 

<注意>

EASYPLUSのDB2アクセスプログラムがコンパイル&リンクされたプログラムモジュールである場合だけ可能です。(インタープリター実行は不可です。)

 

<補足>

DB2アクセスしているCOBOLの汎用的なサブプログラムを、EASYPLUSのDB2アクセスプログラムから利用する(呼び出す)ことができます。この場合、指定するPLANは、COBOLサブプログラムとEASYPLUS DB2アクセスプログラムの両方のDBRMを含んだPLANでなくてはなりません。

Attachments

    Outcomes