初期導入の後に CA Business Intelligence の Tomcat ポートを変更する方法

Document created by Kosei_Oshita Employee on Jun 26, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000476
製品名Service Desk Manager
バージョン12.0
OSWindows

 


 

◆ 概要

 

初期導入後に CA Business Intelligence の Tomcat ポートを変更する方法について説明します。

 

 

◆ 設定方法

 

Tomcat ポートは、インストール時に最初に設定されます。しかし、 server.xml ファイルを修正することで変更できます。

 

Tomcat ポートの変更手順

1. CABI サーバで導入ディレクトリ ( 例 : C:\Program Files\CA\SC\Common Reporting ) を検索します

 

2. Common Reporting 配下の Tomcat/conf フォルダにある Server.xml ファイルを開きます

 

3. ファイルを変更する前にこのファイルをバックアップしておいてください

 

4. Server.xml ファイルで以下の行を探します 

" <!-- Define a non-SSL Coyote HTTP/1.1 Connector on port 8080 -->"

 

5. Connector セクションで、 Tomcat ポートを希望する値に変更します

<Connector URIEncoding="UTF-8" acceptCount="100" connectionTimeout="20000" debug="0" disableUploadTimeout="true" enableLookups="false" maxSpareThreads="75" maxThreads="150" minSpareThreads="25" port="8070" redirectPort="8443"/>

 

6. ファイルを保存します

 

7. [ スタート ] -> [ すべてのプログラム ] -> [Business Objects XI Release 2] -> [Business Objects Enterprise] -> [Central Configuration Manager] を開きます

 

8. Tomcat サービスを再起動します

 

これで、 Business Objects は新しく定義したポートを使用するようになります。 

 


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

TEC486008:  How to change the tomcat port for CA Business Intelligence after initial installation?  (公開日:2009/4/7)

 

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。

Attachments

    Outcomes