サブファイルのスキャン・リミット値を変更する方法について。

Document created by Toshikazu_Toyama Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001437

対象製品 CA 2E

バージョン V8.6

プラットフォーム i5/OS

 

◆詳細内容

[質問]
照会画面で下記メッセージが表示されました。
”走査検索の限界に達した。さらに検索を続けるには ロールアップ・キー を押す。”
(Scan Limit reached - ROLLUP to scan further records)
このメッセージを表示させない様にする方法はありますか?

 

 

◆回避方法/設定方法

[回答]
PGMコンテキストのフィールド「*スキャン・リミット」の値は500となっております。
これは、レコード数が非常に多い場合に検索に時間を要する事で、画面上で操作が停止している様になることを回避する為に設定されています。
この処理を省略することはできませんが、この値を増加させることによりメッセージが表示されるタイミング遅らせる事が可能です。

例えば1000にしたい場合は、「USER : プログラムの初期設定時の処理」において、

「PGM.* スキャン・リミット = CON.1000」
を挿入して下さい。
この場合、生成されたソース上のサブルーチン「ZZINIT」内の後部に挿入されます(フィールド名はW0SLM)。

また、マシンスペック上の問題でサブファイル表示に時間がかかる場合は、「*スキャン・リミット」の値を減少させることにより、速度の問題を解決することが出来ます。

Attachments

    Outcomes