ClartiyアプリケーションおよびデータベースをWindowsにインストールする場合、地域オプションの設定を英語(米国)とする

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jun 30, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001645

対象製品: CA Clarity 7.x 8.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 概要

インストールもしくはアップグレードを行おうとしているユーザにおいて、適切でない地域オプション設定を行うと問題が発生します。
不適切な設定でインストールを行うことで、インストールが無効になるもしくはバックアップからリストアを要する場合があります。

サーバーで使用する地域オプションは英語(米国)とし、ローカルシステムもしくはapp,bg,nsaおよびその他のサービスを起動するためのユーザにとってこの地域オプションの設定は必須となります。

適切な地域オプションの設定が行われたサーバーで、インストール作業は行われる必要があります。
リモートデスクトップ(Windows XP)もしくはターミナルサービス接続を使用する場合には、サーバーに接続を行う前にワークステーションの設定が正しいことを確認してください。

 

◆ 回避策

インストール時に地域オプションを英語(米国)に設定していない場合には、NSAからJVM起動のパラメータに "-Duser.country=US"を追加することでこの問題を回避することが可能です。

 

◆ 注意点

リモートデスクトップもしくはターミナルサービス接続を使用する場合には、十分に御注意ください。
たとえ地域オプションの設定を英語(米国)としたユーザでサーバーにログインしたとしても、リモートデスクトップのセッションがローカルの地域オプション情報を塗り替える可能性があります。

 

◆ キーワード

ENGLISH,REGIONAL SETTING,INSTALL,CLARITY,WINDOWS,TEC438826, -Duser.country=US

Attachments

    Outcomes