OPS/MVSエラーメッセージ(OPS0162S、OPS3781S)が出力されました。対応方法を教えてください。

Document created by IKU-OSAKA Employee on Jun 30, 2015Last modified by IKU-OSAKA Employee on Jun 6, 2018
Version 4Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000833

 

製品名:CA OPS/MVS II

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

OPS/MVSエラーメッセージ(OPS0162S、OPS3781S)が出力されました。対応方法を教えてください。

 

Answer

 

BROWSECHECKNUM(OPSLOG出力行数)が最大値の2ギガを超えたため、CHECKPOINT処理(OPSアドレス・スペース内のDATAを定期的にOPSLOGに書き込む)が中断した事を示しています。

BROWSECHECKNUMの値は、OPSMVSのアドレススペースの再起動が行なわれてもゼロクリアされず保持されます。ゼロクリアするために、OPSMAINを停止して、OPSLOGを再作成してから、OPSMAINを再起動してください。

 

・OPSLOGの再作成には、prefix.CNTLのDEFDIVサンプルメンバをご利用ください。

 OPSLOGとSYSCHK1の再作成を同時に行えるように両ファイルの定義が含まれていますので、SYSCHK1の再作成ステップは削除してOPSLOGの再作成ステップのみを実施してください。

 

・OPSLOGのデータセット名は、OPSSPA00に指定されております。

 ご利用のOPSLOGのデータセット名が不明な場合は、OPSSPA00メンバよりご確認ください。

Attachments

    Outcomes