JMXメトリック取得環境でAgentのメトリック数が正しくカウントされない

Document created by Takeshi_Matsushima Employee on Jul 1, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC001388
製品名CA APM Java Agent
バージョンALL
OSALL

 


 

◆ 概要

Introscope AgentでJMXメトリックの取得対象となるMBeanの解除(undeploy)時の処理に対して、JavaAgentの処理に問題があり、誤ってメトリッククランプが報告されることがある。


◆ 詳細内容

Introscope Agentではメトリック取得対象となるMBeanの登録が解除(undeploy)されるタイミングで、メトリックの送信、および、キャッシュデータからの削除は行っておりましたが、Agent内でメトリックを管理しているメトリックマップからメトリックデータの削除を行っておりませんでした。そのため、Agentのヒープを使用し、Agentでのメトリックカウントが正しくありませんでした。このメトリックカウントはAgentのメトリッククランプのチェックに使用されているため、このようなメトリックが多い場合は、Agentはメトリッククランプに達したと判断し、新しいメトリックを報告しません。

(同一のMBeanについて登録/解除を繰り返す場合は、メトリックカウントは増加しません。)


◆ 発生条件

登録が解除されるようなMBeanについて、メトリックを取得する。


◆ 回避方法

発生条件に該当するJMXメトリックをフィルタ設定(introscope.agent.jmx.name.filter)で取得対象外としてください。発生条件に該当するJMXメトリックに対しての回避方法はございません。


◆ 対応予定バージョン

9.7で対応しております

Attachments

    Outcomes