アラート・計算機が正しく動作しない

Document created by Takeshi_Matsushima Employee on Jul 1, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC001402
製品名CA APM Introscope
バージョンALL
OSALL

 


 

◆ 概要

EMで作成されるメトリックについて計算機やアラートが正しく動作しない場合がある


◆ 詳細内容

Introscopeで管理するメトリックの中にはAgentから送られたメトリックをもとに、EMで作成しているメトリックがあります。 以下が主なメトリックとなります。

- Backendsメトリックノード内
- Frontendsメトリックノード内
- JSPメトリックノード内
- Servletメトリックノード内
- WebServicesメトリックノード内

例えば、「Backends|orcl localhost-1521 (Oracle DB)」直下にあるメトリックAverage Response Time (ms)は Agentから送られたメトリックBackends|orcl localhost-1521 (Oracle DB)|SQL|.*:Average Response Time (ms)をもとにEMで再計算をして作成されます。

このようなEMで作成されるメトリックに対し計算機やアラートを実装している場合、メトリックが作成される(初めにデータプロットされる)タイミングでは、計算機やアラートが正しく実行できないことがあります。これは、Agentからのデータ取得、EMでのデータ作成、計算機やアラートのチェックなどの実行順序の仕様によるものとなります。


◆ 回避策

EMで作成されるメトリックに計算機やアラートを実装するのではなく、元となるメトリックをメトリックグループとして作成し、そのメトリックグループに対し計算機やアラートを実装して下さい。

Attachments

    Outcomes