プロジェクトの関連ドキュメントを XOG 経由でやり取りする方法(Niku KB ID:7731)

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001661

対象製品: CA Clarity 8.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 概要

  プロジェクトの関連ドキュメントをフォルダ階層も含めて XOG 経由でやり取りすることで、別のアプリケーションから資料をインポートできるようにすると共に、開発環境からテスト環境、さらには本番環境へ資料を移行で きるようにしたいと思っています。これを行うための XOG テンプレートを見つけることができませんでした。
======================================
再現手順
XOG/xml および XOG/xsd で適切なテンプレートを探しましたが、見つかりませんでした。
======================================

 

◆ 説明

documents_write_ext.xml を基に作成した XML スクリプトの例を以下に示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<NikuDataBus xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="../xsd/nikuxog_document.xsd">
<Header action="write" externalSource="OS" objectType="document" version="7.5" />
<Documents>
<Parent parentObjectId="5000701" parentObjectType="Projects" documentLocation="C:\Temp/ClarityDocsXOGwrite">
<General addedBy="rowling" addedDate="2006-06-20" />
</Parent>
</Documents>
</NikuDataBus>

重要な注意点

スクリプトはサーバ上に置く必要があります。
XOG ツールセットがサーバにインストールされている必要があります。
XOG コマンドはサーバから実行する必要があります。
documentLocation には、サーバ上の場所を指定する必要があります。
documentLocation は、完全パスを使用して指定する必要があります。
parentObjectId は、プロジェクトの内部データベース ID (5000000 から開始する連番)です。これは、エンドユーザがプロジェクトの識別に使用する ID ではありません。
documentLocation に指定した場所を起点として、ドキュメント階層を構成しておく必要があります。 documentLocation に指定した場所をプロジェクトドキュメントの「最上位層」にします。

上の例では、 documentLocation は C:\Temp/ClarityDocsXOGwrite です。
この場所は、サーバ上で以下に示すように構成されています。
F:\>dir C:\Temp\ClarityDocsXOGwrite
ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
ボリュームシリアル番号は BC9D-2D3C です。

C:\Temp\ClarityDocsXOGwrite のディレクトリ

06/20/2006 03:37 PM <DIR> .
06/20/2006 03:37 PM <DIR> ..
06/20/2006 02:18 PM 287 readme.doc
06/20/2006 03:34 PM <DIR> sample 0
06/20/2006 03:38 PM <DIR> sample 1
1 個のファイル 287 バイト
4 個のディレクトリ 4,728,242,176 バイトの空き領域

F:\>dir "C:\Temp\ClarityDocsXOGwrite\sample 0"
ドライブ C のボリュームラベルがありません。
ボリュームシリアル番号は BC9D-2D3C です。

C:\Temp\ClarityDocsXOGwrite\sample 0 のディレクトリ

06/20/2006 03:34 PM <DIR> .
06/20/2006 03:34 PM <DIR> ..
05/05/2004 04:53 PM 1,429 samplepic.gif
06/20/2006 02:03 PM 40 sampletext.txt
06/20/2006 02:04 PM 19,968 Sampleword.doc
3 個のファイル 21,437 バイト
2 個のディレクトリ 4,728,242,176 バイトの空き領域

F:\>

スクリプトを 「xog -propertyfile dev.properties」 という構文で実行すると
(dev.properties には上記の XML ソースを指定します)、
ID が 5000701 のプロジェクトには、元のすべてのドキュメントに加えて、上に示した正しい階層にある新しいドキュメントが追加されました。

XOG クライアント (PC 、WinXP 、または Linux) から実行すると正しく動作しないため、注意してください。

documentLocation には、マップされたネットワークドライブ上の場所を指定することはできません。 C ドライブ上の場所を指定する必要があります。
 
キーワード
========
XOG 、記述、ドキュメント、プロジェクト

 


このドキュメントは米国サポートサイトに掲載されているナレッジベース: TEC439222 を翻訳し、加筆したものです。

TITLE : How to XOG in/out documents associated with projects (Niku KB ID: 7731)

Attachments

    Outcomes