レポート期間終了以降の未処理のタイムシートの処理について(Niku KB ID:8839)

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001671

対象製品: CA Clarity 7.x 8.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 質問

レポート期間を終了すると、ユーザはその期間のタイムシートを新しく作成したり提出したりすることができなくなります。レポート期間を終了した場 合、未処理のタイムシートをその後も処理できるかどうかについて教えてください。終了したレポート期間の「提出済み」タイムシートをマネージャが引き続き 参照して承認することはできますか。「タイムシートのポスト」ジョブでは、終了したレポート期間の「承認済み」タイムシートは処理されますか。


◆ 回答

はい。レポート期間を終了しても、すべての「提出済み」タイムシートを承認の対象とすることができ、すべての「承認済み」タイムシートをポストの対象とすることができます。

終了したレポート期間内の提出済みタイムシートを時間承認者が検索するときには、フィルタ条件として「すべてのオープン期間」に絞り込むフィルタが使用されていないことを確認してください。


キーワード
========
タイムシート、時間管理、終了したレポート期間、提出、承認済み、タイムシートのポストジョブ

 


このドキュメントは米国サポートサイトに掲載されているナレッジベース: TEC440156 を翻訳し、加筆したものです。

TITLE : If you close a Time Reporting Period, can outstanding timesheets still be processed (Niku KB ID: 8839)

Attachments

    Outcomes