Clarity:「admin」 のパスワードをリセットする必要がある場合、ログインがロックされた場合、あるいはユーザまたはパスワードが無効と表示される場合

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001677

対象製品: CA Clarity 8.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 概要説明

Clarity アプリケーションの 「admin」 のパスワードを忘れたか、ログイン試行が一定回数以上失敗したためにこのパスワードがロックされています。 Clarity アプリケーションへのログイン試行の失敗回数が、お客様のアプリケーション設定に従って監視されています。エンドユーザのログイン試行が最大許容回数を超 えると、Clarity アプリケーションでこのログインのステータスが[ロック済み]に変更されるため、そのエンドユーザは同じユーザ名でアプリケーションにログインすることが できなくなります。

再現手順

  1. Clarity へのログインを試みます。
  2. ユーザ名またはパスワードが無効であるか、ログインがロックされたというメッセージが返されます。

予想:ログインに成功します

実際:ログインが許容されません


◆ 解決策

[管理ツール] - [リソース]ページにアクセスして 「admin」 ユーザを更新できる十分なセキュリティ権限を持つ「管理者」エンドユーザがほかに存在しない場合、パスワードを変更する方法は、データベース内のフィールドを直接更新する方法のみになります。

注:実際の実装では、niku ユーザが別の名前に変更されている場合や、niku データベースが別の名前に変更されている場合があります。以下のステートメントの構文は、Oracle または MSSQL で使用できます。

  1. 以下の UPDATE ステートメントを実行すると、 admin ユーザのパスワードが 「admin」 にリセットされます。パスワードは、暗号化された形式で CMN_SEC_USERS テーブルに格納されます。

    UPDATE CMN_SEC_USERS SET PWD = 'ISMvKXpXpadDiUoOSoAfww==' WHERE USER_NAME = 'admin'
  2. 以下の UPDATE ステートメントを実行すると、ログイン試行が繰り返し失敗した後に行われた admin ログインのロックが解除されます。

    UPDATE CMN_SEC_USERS SET USER_STATUS_ID = 200 WHERE USER_NAME = 'admin'

キーワード: CLARITYKB 

 


このドキュメントは米国サポートサイトに掲載されているナレッジベース: TEC448232 を翻訳し、加筆したものです。

TITLE : Clarity: The 'Admin' password needs resetting, login is locked, or Invalid User or Password

Attachments

    Outcomes