EARLレポートを実行するために、SMFファイルからCA-Roscoeアカウント・レコードを抽出するにはどうすればよいですか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jul 2, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001538

製品名:CA Roscoe

バージョン:R6.0

OS:z/OS

 

Question

EARLレポートを実行するために、SMFファイルからCA-Roscoeアカウント・レコードを抽出するにはどうすればよいですか?

 

Answer

PGM=SORTでアカウント・レコードを抽出し変数ブロック・ファイルを作成後、それをEARLの入力情報として使用することができます。 以下はサンプルJCLです。

 

Sample

//EXTRACT EXEC PGM=SORT

//SYSPRINT DD SYSOUT=*

//SYSOUT   DD SYSOUT=*

//SORTIN   DD DSN=your.smf.file,DISP=SHR

//SORTOUT  DD DSN=Prefix.ROSCOE.ACCOUNT,DISP=(,CATLG,DELETE),

//         UNIT=SYSDA,SPACE=(CYL,(40,40),RLSE),

//         DCB=(RECFM=VB,LRECL=1020,BLKSIZE=1024)

//SYSIN    DD *

SORT FIELDS=(COPY)

INCLUDE COND=(35,1,CH,EQ,C'I',|,35,1,CH,EQ,C'A')

Attachments

    Outcomes