AJP13 ISAPIコネクタ(Proxy Plug-in)の設定方法について(IIS-JBoss)

Document created by Kayo_Takeda Employee on Jul 2, 2015Last modified by Tomo_Fujita on Aug 4, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001617

 

製品名:Identity Manager

 

バージョン:r12.5

 

OS:Windows

 

◆ Question

Web Server(IIS7)とJBoss4.2.3を利用したISAPIコネクタの設定方法を教えてください。

 

◆ Answer

ISAPIコネクタを接続させるための手順を記載したreadme.txtおよび設定用サンプルファイルは

‹IMインストールフォルダ›¥tools¥samples¥ConnectorConfiguration¥windows¥IIS_JBoss¥

フォルダ内にございます。ただし、サンプルの手順ではIIS5/IIS6を対象としているため、ここではIIS7を利用した場合の手順を記載いたします。

  1. AJP13 ISAPI コネクタ (isapi_redirect.dll) を以下のURLよりダウンロードします。http://www.apache.org/dist/tomcat/tomcat-connectors/jk/binaries/
    IIS 64bit版をご利用の場合は、64bit版のISAPI コネクタ(isapi_redirect-{version}.dll)をダウンロードしてください。
    最新のリリースをダウンロードし、名前をisapi_redirect.dllとしてIISがインストールされているサーバ上に保存してください。
  2. ISAPIコネクタ用のフォルダ(例:C:¥ISAPI)を新規作成し、サンプルフォルダから2つの設定ファイルをコピーします。コピー元 : ‹IMインストールフォルダ›¥tools¥samples¥ConnectorConfiguration¥windows¥IIS_JBoss¥
    コピーするファイル : uriworkermap.properties、workers.properties
    コピー先 : ISAPI コネクタ用のフォルダ (例:C:¥ISAPI)
  3. サンプルフォルダ内にあるjakarta.regを、構成に応じて編集します。
    a. jakarta.reg を右クリックでメニューから[編集]を選択して、ファイルを開きます。

(ダブルクリックはしないでください。)

 

b. workers.properties ファイルのパスを以下のように設定します。

"worker_file"="‹workers.properties のフルパス›"

例:

"worker_file"="C:¥¥ISAPI¥¥workers.properties"

 

c. uriworkermap.properties ファイルのパスを以下のように設定します。

"worker_mount_file"="‹uriworkermap.propertiesのフルパス›"

例:

"worker_mount_file"="C:¥¥ISAPI¥¥uriworkermap.properties"

 

d. jakarta.regを保存します。

 

   4. jakarta.regをダブルクリックして、レジストリに設定を追加します。

   5. スタートメニューから、[すべてのプログラム] > [管理ツール] > [インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャ]を選択し、[インターネット インフォメーション サービス(IIS) マネージャ]のウィンドウを開き、以下の方法で仮想ディレクトリを作成し、アクセス権を設定します。

   a.[Default Web Site]を右クリックし、[仮想ディレクトリの追加]を選択します。

  

b. [仮想ディレクトリの追加]ダイアログが開くので、以下の内容を入力してOKをクリックします。エイリアス:jakarta

物理パス:ISAPI connector用のフォルダのフルパス (例:C:¥ISAPI)

  

c. 左のペインで、作成した仮想ディレクトリ"jakarta"を選択し、真ん中ペインの[ハンドラマッピング]をダブルクリック後、右ペインに表示された[機能アクセス許可の編集]をクリックします。

        

        

      d. [機能のアクセス許可の編集]ダイアログで以下のアクセス権を設定します。アクセス権:読み取り、スクリプト、実行

        

    6. ISAPIフィルタにjakartaフィルタを追加します。

    1. 左ペインから[Default Web Site]をクリックして、真ん中のペインで[ISAPIフィルタ]をダブルクリックし、右ペインの[追加]をクリックします。

                      


                       

              b. [ISAPIフィルタの追加] ダイアログで以下の設定を行います。

                    フィルタ名: jakarta
                    実行可能ファイル: isapi_redirector.dllのフルパス (例:C:¥ISAPI¥isapi_redirector.dll)

                        

          7. [ISAPIおよびCGIの制限]にjakartaの設定を行います。

              a. 左ペインから[サーバ名]をクリックして、真ん中のペインで[ISAPIおよびCGIの制限]をダブルクリックし、右ペインの[追加]をクリックします。

                        

                        

 

               b. [ISAPIまたはCGIの制限の追加] ダイアログで以下の設定を行います。
                    ISAPIまたはCGIパス:isapi_redirector.dllのフルパス (例:C:¥ISAPI¥isapi_redirector.dll)
                    説明: jakarta [拡張パスの実行を許可する]をチェック

                        

        8. IISを再起動します。


Attachments

    Outcomes