マスターファイルのソースとロードモジュールの同期管理をする方法は?

Document created by Masaaki_Iyama Employee on Jul 2, 2015Last modified by Kenji_Tsuda on Jul 22, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001496

製品名: CA-Librarian

バージョン: ALL

OS: z/OS

 

Question

マスターファイルのソースとロードモジュールの同期管理をする方法は?

 

Answer

同期管理を実施するためには、まず、SLAT変数を使用する必要があります。SLAT変数を使用することで、 ロードモジュール作成時にインデックス情報がモジュールに挿入し、そのインデックス情報を比較することでチェックができます。

ユーザー提供ルーチンのLIBRSCANを使うことで、マスターファイルのインデックス情報とロードモジュールに取り込まれたインデックス 情報を比較し、管理レポートを出力することができます。

ユーザー提供ルーチンの導入方法につきましては、Systems Services Guide の 13.0 User Contributed Routines をご参照ください。 サンプルJCLも記されています。導入用JCLには、Prefix.CLU43UCR(SCANINS)をご利用ください。

Attachments

    Outcomes