マスターファイルのブロックサイズを大きくする方法について。

Document created by Masaaki_Iyama Employee on Jul 2, 2015Last modified by Kenji_Tsuda on Jun 7, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001500

製品名: CA-Librarian

バージョン: ALL

OS: z/OS

 

Question

マスターファイルのブロックサイズを大きくする方法について

 

Answer

OUTPUT MODULE TOO LARGE TO PROCESSメッセージでマスターファイルにデータを格納できない場合、 マスターファイルのブロックサイズを大きくすることでデータを格納することができます。

 

以下のサンプルJCLDCBパラメータに新しいブロックサイズを指定し、テンポラリ・マスターファイルにデータをバックアップします。 ISPFにて既存マスターファイル名称を変更し、テンポラリ・マスターファイル名称を既存マスターファイル名称へ変更してください。

 

Sample

 //      JOB

 //STEP01    EXEC PGM=AFOLIBR,PARM='NRJS,NJTA'

 //SYSPRINT   DD  SYSOUT=*

 //OSJOB      DD  DUMMY

 //LIST       DD  SYSOUT=*

 //INDEX      DD  SYSOUT=*

 //MASTER     DD  DSN=your.master.file,DISP=SHR

 //BACKUP     DD  DSN=your.temp.master,DISP=(,CATLG),

 //           DCB=(BLKSIZE=nnnnn,DSORG=DA),

 //           SPACE=(CYL,(nnn)),VOL=SER=nnnnnn,UNIT=SYSDA

 //SYSIN      DD  *

 -OPT BKUPDISK,INDEX

 /*

 //

Attachments

    Outcomes