Clarity:実績単位を入力済みの割り当てまたはタスクの削除について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001685

対象製品: CA Clarity 8.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 概要説明

確定済みの実績単位がある割り当てまたはタスクの削除に関する重要情報

 

◆ 解決策

Clarity Timesheets を使用して提出、承認、またはポストした実績単位がある割り当てやタスクは、削除できません。これらの実績単位は、PRAssignment テーブルおよび PRTimeEntry テーブルに格納されています。
Open Workbench または MSP (Microsoft Project) で実績単位を直接入力したか、伝票トランザクションエントリから実績単位を入力した場合は、割り当てまたはタスクを削除できます。これらの実績単位は、 PRAssignment テーブルにのみ格納されます。

 

Clarity Timesheets 機能を使用して実績単位を提出、承認、またはポストしたプロジェクトや、Clarity Investment の[チーム]ページまたは[タスク]ページ内からこれらの操作を行ったプロジェクトからは、リソースを削除できません。

 

注:実績単位を入力済みの期間を削除すると、関連付けられているタイムシートがすべて削除されます。これを実行すると、プロジェクトからリソースを 削除でき、タスクを削除できるようになります。ただし、その期間のタイムシートもすべて削除することになるため、まだ必要なデータを削除しないように注意 してください。

 

キーワード: CLARITYKB 、 7630 、 CLRT-22915  

 


このドキュメントは米国サポートサイトに掲載されているナレッジベース: TEC479241 を翻訳し、加筆したものです。

TITLE :  Clarity: Can you delete an assignment or task with actual units entered?

Attachments

    Outcomes