ライブラリヒット率の低下について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001698

対象製品: CA Clarity12.x Clarity 13.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 質問

Oracleのライブラリヒット率が低下しており、Statspackの結果から、SQL ordered by Sharable Memory で類似の SQLが多数リストアップされていることが確認されました。Clarityでは、PreparedStatement を使用しているのでしょうか?


◆ 回答

ClarityにおけるPreparedStatementは、JDBC callの際に使用しております。
詳細は下記の技術情報をご参考ください。

https://support.ca.com/irj/portal/anonymous/kbtech?searchID=TEC525518&docid=525518&bypass=yes&fromscreen=kbresults

 

Clarityではparameterized JDBC calls (PreparedStatements)を利用しています。これはパフォーマンスの観点、およびSQLインジェクション対策の観点から実装されています。

Attachments

    Outcomes