-OPT INITや-OPT BKUPDISKで、DISP=SHR/OLDを使い既存マスターファイルの初期化を行うと以下のエラー・メッセージが出力された。

Document created by Masaaki_Iyama Employee on Jul 3, 2015Last modified by Kenji_Tsuda on Jun 8, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001507

製品名: CA-Librarian

バージョン: R4.3 以降

OS: z/OS

 

Question

-OPT INIT-OPT BKUPDISKで、DISP=SHR/OLDを使い既存マスターファイルの初期化を行うと以下のエラー・メッセージが出力された。

*** ERROR *** MASTER FILE CANNOT BE INITIALIZED AS NOT NEW FILE. (-OPT INITの場合)

*** ERROR *** BACKUP FILE CANNOT BE INITIALIZED AS NOT NEW FILE. (-OPT BKUPDISKの場合)

 

Answer

R4.3 + PTF QO93714以降、またはR4.4では、マスターファイルの破損を防止するためにDISP=SHR/OLDを 使ったマスターファイルの初期化処理はエラーとなります。 マスターファイルを初期化する場合は、DISP=NEWを使用し新しいマスターファイルを作成してください。 (マスターファイルに設定されたパラメータのみを変更する場合は、-OPT REINITをご利用ください)

 

DISP=SHR/OLDを使った既存マスターファイルへの-OPT INIT-OPT BKUPDISKをエラーとせず、従来通り 許可するには、PTF RO06895 + RS06899R4.3)、PTF RS40536R4.4)を適用する必要があります。

DISP=SHR/OLDを使った-OPT INIT-OPT BKUPDISKのサンプルJCLは、以下をご参照ください。

ただし、R4.3 + PTF QO93714以降、またはR4.4では、既存のマスターファイルに対して以下の処理を 行うとエラーとなります。

 

Sample

 -OPT INIT

 //      JOB

 //STEP01     EXEC PGM=AFOLIBR,PARM='NRJS,NJTA'

 //STEPLIB     DD  DISP=SHR,DSN=your CA-Librarian load library

 //SYSPRINT    DD  SYSOUT=*

 //MASTER      DD  DISP=SHR,DSN=your CA-Librarian Masterfile         <= (既存のマスターファイル)

 //OSJOB       DD  DUMMY

 //SYSIN       DD  *

 -OPT INIT,DISK,COMPRESS=FULL,SEQ=/1,6,10,10/,ARC=10

 /*                                                      

 //

 

 -OPT BKUPDISK

 //      JOB

 //STEP01     EXEC PGM=AFOLIBR,PARM='NRJS,NJTA'

 //STEPLIB     DD  DISP=SHR,DSN=your CA-Librarian load library

 //SYSPRINT    DD  SYSOUT=*

 //INDEX       DD  SYSOUT=*

 //MASTER      DD  DISP=SHR,DSN=your CA-Librarian Masterfile

 //OSJOB       DD  DUMMY

 //BACKUP      DD  DISP=SHR,DSN=your CA-Librarian BACKUP Masterfile  <= (既存のマスターファイル)

 //SYSIN       DD  *

 -OPT BKUPDISK,INDEX

 /*

 //

Attachments

    Outcomes