EEMのトレース設定手順

Document created by Kosei_Oshita Employee on Jul 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC001949
製品名Service Desk Manager
バージョン12.x
OSWindows

 


 

EEM認証で問題が発生し、調査のためにEEMのトレースを取得する場合、下記の手順を行ってください。

EEM認証では、Service Desk Manager (SDM)が持っているEEM SDKコンポーネントと、EEMサーバマシンにあるiGatewayを使用しています。

下記はEEM SDKのトレースと、iGatewayのトレース設定の手順です。

 

 

iGatewayのトレース設定 (EEMのマシンにて実施)

 

 1. コントロールパネルの管理ツールよりサービスを開き、「CA iTechnology iGateway <バージョン名>」サービスを停止します。

 

 2. %IGW_LOC%¥iPoz.confをエディタで開き、下記の設定を検索します。

%IGW_LOC% iGatewayのインストールパスで、デフォルトでは、『C:¥Program Files¥CA¥SC¥iTecnology¥』またはC:¥Program Files(x86)¥CA¥SC¥iTecnology¥です

 

 <DebugLevel>ISP_FILE</DebugLevel>

    <LogLevel>WARNING</LogLevel>

 

上記のLog Levelの設定を下記のように変更し、保存して閉じます。

 

  <DebugLevel>ISP_FILE</DebugLevel>

    <LogLevel>TRACE</LogLevel>

 

 3. %IGW_LOC%¥logging.propertiesをエディタで開き、下記の設定を検索します。

 

    log4cplus.rootLogger=ERROR, ServerLogFile

 

この設定を下記のように変更し、保存して閉じます。

 

    log4cplus.rootLogger=TRACE, ServerLogFile

 

トレース設定は%IGW_LOC%\igateway.logにトレースログを出力します。デフォルトではigateway.logのファイルサイズが5MBに達するとロールオーバーされ、5つまでファイルがバックアップとして保存されます。igateway.log自身とバックアップファイル5つで、計6つのログファイルが存在することになります。最大ファイルサイズと最大ファイル数の設定は、

%IGW_LOC%\logging.propertiesにある下記のパラメータを設定します。

設定内容を反映させるには「CA iTechnology iGateway <バージョン名>」サービスの再起動が必要です。

 

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxFileSize=5MB

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxBackupIndex=5

 

これらの値については、通常はデフォルトのまま、問題を再現させトレースを取得してください(デフォルトでは上記の値が設定されています)。問題の再現をさせた時に、ロールオーバーによって上書きされる場合は、上記パラメータの値を調整します。

意図的に問題を再現させられずトレースを設定したまま運用し、再現を待つ場合は下記のようにしてください。

 

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxFileSize=10MB

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxBackupIndex=9

 

 4. 1で停止した「CA iTechnology iGateway <バージョン名>」サービスを開始します。

 

 

注意:

2のトレース設定により、%IGW_LOC%¥iPoz.logにトレースログが出力されます。iPoz.logはサイズが10MBに達すると、そのiPoz.logはバックアップされ、新たなiPoz.logにトレースログを出力します。作成されるiPoz.logのバックアップファイルの数に制限はありません。SDMstdlogは一定数のファイルが作成されるとロールオーバーされますが、iPoz.logのバックアップファイルは、ファイルの数に制限なく作成されます。

 

 

 

EEM SDKTRACE設定 (SDMのマシンにて実施)

 

 1. システム環境変数にEIAMCONFIGを設定します。

 

   Windows  スタートボタン コンピュータを右クリック プロパティ システムの詳細設定 [詳細設定] タブ <環境変数>ボタンをクリック 「システム環境変数」セクションの<新規>ボタンを押して下記の通り設定し、<OK>ボタンを押します。

 

    変数名: EIAMCONFIG

    変数値: $NX_ROOT¥pdmconf¥eiam.config

      # $NX_ROOT SDMのインストールフォルダで、デフォルトでは

# C:¥Program Files (x86)¥CA¥Service Desk Manager』です。

 

    ()

    変数名: EIAMCONFIG

    変数値: C:¥Program Files (x86)¥CA¥Service Desk Manager¥pdmconf¥eiam.config

 

  
  

 2.「echo %EIAMCONFIG%」をコマンドプロンプトで実行して、設定したパスが表示されることを確認します。

 

    ()

    C:¥>echo %EIAMCONFIG%

    C:¥Program Files (x86)¥CA¥Service Desk Manager¥pdmconf¥eiam.config

 

 3. $NX_ROOT¥pdmconf¥eiam.configをエディタで開き、下記のようにLoggerConfiguration fileのパラメータを指定します。

 

()

<LoggerConfiguration file="C:¥Program Files (x86)¥CA¥Service Desk Manager ¥pdmconf¥eiam.log4cxx.config"/>


また、eiam.config内を『type="C++"』で検索し、<SDK type=”C++”>タグ以下にある下記の4つのパラメータを変更して保存します。

 

[設定前]

<SDK type="C++">

     <iTechSDK>

      ………………………………………

<!--possible values are ERROR/WARNING/TRACE/NOLEVEL-->

<logLevel></logLevel>

 

<!--possible values are true/false -->

<logToFile></logToFile>

 

<!--log file name-->

<logFile></logFile>

 

<!--log file size in MB(positive integer)-->

<maxLogSize></maxLogSize>

          </Debug>

     </iTechSDK>

</SDK>

 

[設定後]

<SDK type="C++">

     <iTechSDK>

      ………………………………………

<!--possible values are ERROR/WARNING/TRACE/NOLEVEL-->

<logLevel>TRACE</logLevel>

 

<!--possible values are true/false -->

<logToFile>true</logToFile>

 

<!--log file name-->

<logFile>C:\eiam_cppsdk2.log</logFile>

 

<!--log file size in MB(positive integer)-->

<maxLogSize>20</maxLogSize>

          </Debug>

     </iTechSDK>

</SDK>

 

 4. $NX_ROOT¥pdmconf¥eiam.log4cxx.configをエディタで開き、パラメータの指定をします。各パラメータの意味は下記の通りです。

 

    MaxFileSize            : トレースログ1つの最大ファイルサイズ

    MaxBackupIndex   : トレースログのロールアップ数

    Priority value         : トレースの詳細レベル

 

下記のように指定します。


[設定前]

<appender name="SDK" class="org.apache.log4j.RollingFileAppender">

                  <param name="maxFileSize" value="10000KB" />

                  <param name="maxBackupIndex" value="1" />

                          

                          

                <priority value="error" />

 

[設定後]

<appender name="SDK" class="org.apache.log4j.RollingFileAppender">

                  <param name="maxFileSize" value="20000KB" />

                  <param name="maxBackupIndex" value="9" />

                          

                          

                <priority value="trace" />

 

 5. SDMサービスを再起動します。

 

 6. SDMへのログイン時に$NX_ROOT¥bin¥eiam_cppsdk.logが作成されれば、EEM SDKTRACEが機能していることになります。

 

 7. コマンドプロンプトを開き、下記のコマンドを実行します。


pdm_logfile -f STD -b 5000000 (stdlogの最大ファイルサイズを設定。-bでバイト数を指定)

pdm_logstat -n boplgin 251

pdm_trace BOP-LOGIN on

 

 8. 問題を再現します。

 

 9. 再現を確認後、すぐに下記のコマンドを実行してSDMのログレベルをリセットします。

 

pdm_logstat -n boplgin

pdm_trace BOP-LOGIN off

# このコマンド実行時にtrace_BOP-LOGIN_*.log$NX_ROOT\logフォルダに

# 作成されます。

pdm_logfile -f STD -b 3000000 (デフォルトの値に戻したい場合はこのパラメータで実行)

 

 

下記の資料を取得して、サポート担当者にお送りください。

 

- $NX_ROOT¥logフォルダ

- $NX_ROOT¥bin¥eiam*.log ファイル

- C:¥eiam_*.log ファイル

- %IGW_LOC%¥*.log ファイル

- %EIAM_HOME%\logsフォルダ

- 問題を再現した日時

- ログインに使用したユーザID

 

 

TRACEの設定解除 (EEMのマシンにて実施)

 

 1. コントロールパネルの管理ツールより、サービスを起動し「CA iTechnology iGateway <バージョン名>」サービスを停止します。

 

 2. %IGW_LOC%¥iPoz.confをエディタで開き、下記の設定を検索し、LogLevelを「TRACE」から「WARNING」に変更します。

 

[TRACE設定時]

<DebugLevel>ISP_FILE</DebugLevel>

<LogLevel>TRACE</LogLevel>

 

[TRACE解除]

<DebugLevel>ISP_FILE</DebugLevel>

<LogLevel>WARNING</LogLevel>

 

 3. %IGW_LOC%¥logging.propertiesをエディタで開き、下記のようにTRACE設定を解除します。

 

[TRACE設定時]

log4cplus.rootLogger=TRACE, ServerLogFile

 

[TRACE解除]

log4cplus.rootLogger=ERROR, ServerLogFile

 

igateway.logの最大ファイルサイズとロールオーバーのファイル数を変更している場合は、%IGW_LOC%\logging.propertiesにある以下のパラメータを以下のように設定して保存します。

 

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxFileSize=5MB

log4cplus.appender.ServerLogFile.MaxBackupIndex=5

 

 4. #1で停止した「CA iTechnology iGateway <バージョン名>」サービスを開始します。

 

 

TRACEの設定解除 (SDMのマシンにて実施)

 

 1. 設定されているEIAMCONFIG環境変数を削除します。
 

 2. SDMサービスを再起動します。

 

注意:

トレース設定の手順で、eiam.configeiam.log4cxx.configが編集されていますが、EIAMCONFIG環境変数を削除することで、これらの設定ファイルは参照されなくなるためトレースは止まります。これらの設定ファイルに行った編集内容は元に戻す必要はありません。

次回、EEM SDKのトレースを取得する場合は、再度、EIAMCONFIG環境変数を設定し、SDMサービスを再起動するだけでトレースの取得が可能です。

Outcomes