ポリシーサーバのトレースログを取得する際のプロファイラ設定について

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Jul 6, 2015Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Jul 7, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001841

製品名: CA Single Sign-On

バージョン: All

OS: All

 

◆ 概要

ポリシーサーバのトレースログを取得する際のプロファイラ設定について、CAサポートからの依頼がない場合は以下の手順にてプロファイラの設定を行い、トレースログの取得を行ってください。

1) ポリシーサーバ管理コンソールを起動し、”プロファイラタブ”から”設定構成”をクリック
2) テンプレートのプルダウンメニューから“general tracing”を選択し、”テンプレートの読み込み”をクリック
3) “データタブ”を選択し、左パネルの”使用可能なデータフィールド”から”Pid”を選択し、右矢印ボタンをクリックして右パネルの”選択されたフィールド”に”Pid”が移っていることを確認
4) “Pid”をクリックして、上三角ボタンを”Pid”が”Tid”の上にくるまでクリック
5) “コンポーネントタブ”を選択し、左パネルの”使用可能なコンポーネント”から”AgentFunc”を選択し、右矢印ボタンをクリックして右パネルの”選択されたコンポーネント”に”AgentFunc”が移っていることを確認
6) ”OK”ボタンをクリック

◆ その他

1) CAサポートからの依頼があった場合、またはお客様の判断でプロファイラの各パラメータを必要に応じて追加、削除を行って頂くことは可能です。
2) ポリシーサーバのパフォーマンスに関する調査の為には、以下の設定を追加してください。
“データタブ”を選択し、左パネルの”使用可能なデータフィールド”から“PreciseTime”、
“SrcFile”、“Function”を選択し、右矢印ボタンをクリックして右パネルの”選択されたフィールド”に“PreciseTime”、“ SrcFile”、“ Function”が移っていることを確認
“PreciseTime”をクリックして、上三角ボタンを”Date”の下にくるまでクリック
3) ポリシーサーバのFederationに関する調査の為には、以下の設定を追加してください
“コンポーネントタブ”を選択し、左パネルの”使用可能なコンポーネント”から”Fed_Server”を選択し、右矢印ボタンをクリックして右パネルの”選択されたコンポーネント”に”Fed_Server”が移っていることを確認

◆ キーワード

プロファイラ、トレースログ、ポリシーサーバ

Attachments

    Outcomes