CA Datacom/AD v14.0へアップグレード後、EXTBKUP機能を実行でDB13001Eエラーで失敗しました

Document created by KAZUHIKO_FURUISHI Employee on Jul 7, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001164

 

製品名: CA Datacom/AD

バージョン: v14.0

OS: z/OS

 

Question

 

CA Datacom/AD v14.0へアップグレード後、バックアップ・ファイルに対してDBUTLTY EXTBKUP機能を

実行したところ、つぎのメッセージが出力されました。どのような対処をすればよいですか?

 

DB13001E - UNEXPECTED RETURN CODE 89 (151) INSUFFICIENT MEMORY

            ABNORMAL TERMINATION DUE TO ERROR(S) 

 

Answer

 

対処方法としては、この問題を修正するPTFRO70150を適用してください。

CA Datacom/AD v14.0では、バックアップ・ファイルのフォーマットには、BACKUP形式とEXTRACT形式の

2種類があります。

このメッセージは、DBUTLTY EXTBKUP機能において、入力がBACKUP形式のバックアップ・ファイルで、

そこから圧縮テーブルを抽出して、EXTRACT形式のバックアップ・ファイルに変換出力する際に発生する

メモリ不足の問題により出力されます。

 

上記のPTFを適用するまでの回避策としては、圧縮テーブルをEXTRACT形式でバックアップ取得する場合には、

DBUTLTY EXTRACT機能を使用して、直接EXTRACT形式のバックアップ・ファイルへ出力してください。

 

【実行JCL】 DBUTLTY EXTBKUP機能のサンプル例

//STEP         EXEC PGM=DBUTLTY,REGION=6M,PARM='/PGMMONTH=1'

//STEPLIB       DD DISP=SHR,DSN=your datacom.CUSLIB

//                    DD DISP=SHR,DSN=your datacom.CAAXLOAD

//CXX              DD DISP=SHR,DSN=your datacom.CXX

//SYSOUT       DD SYSOUT=*

//SNAPER       DD SYSOUT=*

//SYSPRIN T   DD SYSOUT=*

//SYSUDUMP DD SYSOUT=*

//INFILE          DD DSN=your datacom.input.backup,DISP=SHR                <= BACKUP形式

//OUTFILE       DD DSN=your.datacom.output.extbkup,DISP=(,CATLG),     <= EXTRACT形式

//                    UNIT=SYSDA,VOL=SER=@@@,SPACE=(CYL,(nn,nn),RLSE)

//SYSIN          DD *

  FILEOUT DDNAME=OUTFILE,TABLE=NNN

                EXTBKUP DDNAME=INFILE

/*

//

Attachments

    Outcomes