64ビットのSQL Serverデータベースを使用したCSE環境構築時の注意点について

Document created by IKU-OSAKA Employee on Jul 9, 2015Last modified by IKU-OSAKA Employee on Jul 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001830

製品名: CA Gen

バージョン:CA Gen Documentation : 8.5

OS:


◆ 詳細内容

■64ビットSQL Serverデータベースを使ってCA Gen r8.5 CSE環境を構築する為に、マニュアルClient Server Encyclopedia User GuideのCSE Installation and Configuration - Prerequisites for CSE Configuration - Configuring Databases - Create Microsoft SQL Server CSE Databaseのページを参照したところ以下のような記述があります。

 

On a 64-bit Windows system, perform one of the following options:

º The 32-bit version of the Microsoft SQL Server Management Studio or tools must be installed to provide the 32-bit version of osql.exe needed by the 32-bit DSN during the CSE Configuration step.

º Repeat steps 10-18 to create the 32-bit DSN using the following command:

%SYSTEMROOT%¥System32¥odbcad32.exe

 

This creates a 64-bit DSN and the CSE Configuration uses that DSN with the 64-bit version of osql.exe that is already installed by default.

Note: The CSE runtime itself, being a 32-bit software, always uses the 32-bit DSN and therefore the 64-bit DSN can be removed after the CSE Configuration step has been successfully completed.

この記述を見る限り、32ビット版のDSNと64ビット版のDSNの両方が作成されていないといけないとは読み取れませんが、実際には両方作成しないとCSE Configuration処理がエラーとなります。

 

◆ 解決策

■64ビットSQL Serverデータベースを使ってCA Gen r8.5 CSE環境を構築する為の方法は2種類あり、その方法によって必要なDSNも異なります。以下はその方法及び必要な手順です。

(CSEランタイムは32ビットソフトウェアなのでどちらの方法であっても32ビット版DSNは必要です)

 

a) 32ビット版のDSNで使用される32ビット版のosql.exeプログラムをインストールして32ビット版DSNを使用する方法

 

(1)32ビット版のMicrosoft SQL Server Management Studioやツールをインストールする

(2)%systemroot%¥syswow64¥odbcsd32.exeを使用し、32ビット版DSNを作成する

b) デフォルトでインストールされている64ビット版のosql.exeプログラムで使用可能な64ビット版のDSNを作成して、64ビット版のDSNを使用する方法

 

(1)%systemroot%¥syswow64¥odbcsd32.exeを使用し、32ビット版DSNを作成する

(2)%systemroot%¥system32¥odbcsd32.exeを使用し、64ビット版DSNを作成する


ご質問等がございましたら、恐れ入りますが弊社サポートまでご連絡ください。

Attachments

    Outcomes