TEC412714: Oracle 10g r2 (10.2.0.2) 環境でAllFusion Gen 7.0 CSEを 実行した場合、チェックアウト プロセスが非常に遅くなります

Document created by Miharu_Toyama Employee on Jul 9, 2015Last modified by Miharu_Toyama Employee on Jul 9, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001753

製品名: CA Gen

バージョン:AllFusion Gen Runtime, GUI : 7.0

OS:


◆ 詳細内容

コンポーネント:

ALLFUSION GEN RUN TIME, GUI: 7.0

最終更新日:

2006年12月06日

文書ID:

TEC412714

タイトル: Oracle 10g r2 (10.2.0.2) 環境でAllFusion Gen 7.0 CSEを実行した場合、チェックアウトプロセスが非常に遅くなります

 

Oracle 10gで旧バージョンから変更された点は、従来のRBO (rule-based optimizer) がサポート対象外となり、デフォルトでCBO (cost-based optimizer) が使用されるようになったことです。OPTIMIZER_MODE初期化パラメータとしてCHOOSEまたはRULEを指定することは不要となりました。OPTIMIZER_MODEのデフォルト値は、ALL_ROWSとなります。ALL_ROWSは、以下のことを意味します。
このオプティマイザは、統計データが存在しているにも関わらず、セッション内ですべてのSQLステートメントに対してコスト ベースのアプローチを使用し、最高のスループットを得るために最適化します。(全体のステートメントを完成するために最小限のリソースを使用します。)

これは、Gen CSEで定期的にDBMS-STATSパッケージまたはANALYZEステートメントを実行することで、CSEテーブル&インデックスを最新に維持していない場合、クエリに対するアクセスパスは最新でないため、パフォーマンスに影響が出る場合があるということを意味しています。
RBOオプティマイザが使用されているOracleの旧リリースを使用している場合は、統計の生成について考える必要がありません。

Oracle DBAでは、データベース統計を最新に維持することは標準的な技法なので、ご利用のDBAでもこのプロセスについて問題ないはずです。

この情報は米国 CA, Inc. より提供されている Technical Documentsをもとに作成したものです。
詳細につきましては下記内容をご覧ください。
http://www.ca.com/us/support/ca-support-online/product-content/knowledgebase-articles/tec412714.aspx
TITLE : TEC412714 (最終更新日 2006-12-06)

以上

Attachments

    Outcomes