quick.cfg設定と製品の安定性の関係について

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001895

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -

 

Question

quick.cfg設定と製品の安定性の関係について教えて下さい。


Answer

quick.cfgは、NSMエージェントテクノロジの通信サービスORBの設定ファイルです。
以下の場所に配置されています。 

(Windows)
%AGENTWORKS_DIR%\services\config\aws_orb\quick.cfg

(UNIX)
$AGENTWORKS_DIR/services/config/aws_orb/quick.cfg

製品導入後は下記のような設定となっています。

#
PLUGIN awm_qikupipe aws_orb22
PLUGIN awm_qiksoc 7774
PLUGIN awm_qiksoc20 7770

この初期設定では、ORBサービスは、「名前付パイプ」通信を使用します。
「名前付パイプ」よりも信頼性の高い「TCP/IPソケット」を使用するよう設定を変更することを推奨します。

変更する前に、サービスを停止して下さい。

awservices stop

----変更内容----

#
  #PLUGIN awm_qikupipe aws_orb22
PLUGIN awm_qiksoc 7774@<バインドしたいIPアドレス>
PLUGIN awm_qiksoc20 7770

設定変更を有効にするため、NSMエージェントテクノロジサービスを再起動して下さい。

awservices start

Attachments

    Outcomes