NSMエージェントのトラップ送信先設定について

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001896

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -

 

Question

NSM管理マネージャのイベントコンソールにエージェントからのトラップが表示されません。

対処方法を教えて下さい。

 


Answer

NSMエージェントは、aws_sadmin.cfgファイルにおいてトラップの送信先を制御します。
製品導入直後の初期設定は以下のように設定されています。

SNMP_TRAP 127.0.0.1|162

上記の設定では、NSMエージェントは 127.0.0.1 に対してトラップを送信します。

 

■aws_sadmin.cfgファイルの配置場所

-Windows-
%AGENTWORKS_DIR%\SERVICES\CONFIG\AWS_SADMIN\AWS_SADMIN.CFG

-UNIX-
$AGENTWORKS_DIR/services/config/aws_sadmin/aws_sadmin.cfg

 

NSM管理マネージャのイベントコンソールにエージェントからのトラップを表示するためには トラップの送信先を管理マネージャに設定して下さい。
SNMP_TRAP 設定は、複数設定が可能です。
トラップを送信したい宛先が複数ある場合、宛先毎に設定を記載して下さい。

設定を変更する前に、サービスを停止して下さい。

awservices stop

SNMP_TRAP <管理マネージャのIPアドレス>|162

最後に、aws_sadmin.cfgの変更を有効にするためにawservicesサービスを再起動して下さい。

awservices start

Attachments

    Outcomes