バージョンアップ実施後に、画面上のフィールドラベルが予め設定した名前で表示されない

Document created by shoichi.sugawara Employee on Jul 15, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Mar 29, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC2055

製品名:     Clarity13.x Clarity 14.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 質問

バージョンアップ実施後、画面上のフィールドラベルが予め設定した名前で表示されない事象が発生します。

例)
バージョンアップ前:13.1のポートレット
077010153_001.jpg

バージョンアップ後:13.2のポートレット
077010153_002.jpg

◆ 回答

カスタマイズしたポートレットなどの英語のフィールドラベルの名前がシードデータと呼ばれるCA Clarityで内部的に定義している予約語と合致した場合に、この事象が発生します。
バージョンアップ前に、ポートレットなどにおける全ての英語のフィールドやルックアップ値の名前に一時的に接頭語を付加し、シードデータと呼ばれる予約語と合致しないようにすることで本事象を回避することが可能です。

本事象の回避策を実施する前に、下記のSQLを実行して一時的に付加する接頭語(下記の例では’my_’)を持つ英語のフィールドやルックアップ値の名前がない(0件である)ことを確認してください。

select count(*) from cmn_captions_nls
where language_code = 'en'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')
and name like 'my_%'

◆ 回避策

本事象の回避策は、以下のとおりです。
なお以下に示す回避策は、オブジェクトの属性やポートレットのフィールドおよびルックアップ値の名前に対する回避策となります。それ以外のケースの場合には、弊社サポートまでご連絡ください。

1.バージョンアップ前の環境で、下記のSQLを実行して日本語のフィールドやルックアップ値などの名前をファイルに出力する。(OracleにログインしてSQLPLUSで実行する)

set linesize 150
col id format 9999999999
col name format a90
col pk_id format 9999999999
col table_name format a30
set colsep ','

spool sql_result_ja_before_upgrade.txt

select id, name, pk_id, table_name from cmn_captions_nls
where language_code = 'ja'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')

spool off

2. sql_result_ja_before_upgrade.txtファイルの保存を行う。

3. バージョンアップ前の環境で、下記のSQLを実行して英語のフィールドやルックアップ値などに対し、一時的に接頭語(下記の例では’my_’)を付加します。また、対象となった英語のフィールドやルックアップ値などの件数をファイルに出力する。(OracleにログインしてSQLPLUSで実行する)

spool sql_result_my_before_upgrade.txt

update cmn_captions_nls set name=concat('my_',name)
where language_code = 'en'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')

select count(*) from cmn_captions_nls
where language_code = 'en'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')
and name like 'my_%'

spool off

4. sql_result_my_before_upgrade.txtファイルの保存を行う。

5.バージョンアップを実施する。

6.バージョンアップ後の環境で、下記のSQLを実行して英語のフィールドやルックアップ値などに対し、一時的に付加した接頭語(下記の例では’my_’)を削除します。また、対象となった英語のフィールドやルックアップ値などの件数をファイルに出力する。(OracleにログインしてSQLPLUSで実行する)

spool sql_result_my_after_upgrade.txt

update cmn_captions_nls set name=substr(name,4)
where language_code = 'en'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')
and name like 'my_%'

select count(*) from cmn_captions_nls
where language_code = 'en'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')
and name like 'my_%'

spool off

7. sql_result_my_after_upgrade.txtファイルの保存を行う。

8.バージョンアップ後の環境で、下記のSQLを実行して日本語のフィールドやルックアップ値などの名前をファイルに出力する。(OracleにログインしてSQLPLUSで実行する)

set linesize 150
col id format 9999999999
col name format a90
col pk_id format 9999999999
col table_name format a30
set colsep ','

spool sql_result_ja_after_upgrade.txt

select id, name, pk_id, table_name from cmn_captions_nls
where language_code = 'ja'
and (table_name = 'ODF_VIEW_ATTRIBUTES'
or table_name = 'CMN_GRID_COLS'
or table_name = 'CMN_BROWSE_PORTLET_ATTRIBUTES')

spool off

9. sql_result_ja_after_upgrade.txtファイルの保存を行う。

10.取得したそれぞれのファイルを確認する。

Attachments

    Outcomes