NSQLのパラメータ属性(@WHERE:PARAM:USER_DEF:STRING:******@)について

Document created by shoichi.sugawara Employee on Jul 15, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC2113

製品名:   Clarity12.x Clarity13.x

プラットフォーム: Windows

 

 

◆ 質問

NSQL内に @WHERE:PARAM:USER_DEF:STRING:******@ と記述すると、****** をパラメータ項目として使用でき
フィルタにも設定出来ますが、フィルタではあいまい検索とはならず、完全一致でフィルタされます。
複数選択のルックアップとして使用可能なクエリの書き方はありますでしょうか?

 

◆ 回答

NSQL内に @WHERE:PARAM:USER_DEF:STRING:******@ と記述した場合には、
****** をパラメータ項目として使用できますが、単一のルックアップとしてのみ
使用可能であり、ルックアップで複数選択なスタイルとすることはできません。

Attachments

    Outcomes