verifyとverifydbcs関数でヌル値(“”)を使用することは可能です

Document created by Miharu_Toyama Employee on Jul 15, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001782

製品名: CA Gen

バージョン:

CA Gen Run Time, GUI

CA Gen Workstation Toolset : r7.6

OS: 


◆ 詳細内容

現在のverifyとverifydbcs関数に関するツールセットのオンラインヘルプでは、「第2文字列の長さがゼロの場合、エラーが生じることがあります。」と記述されております。しかしこの記述は誤りであり、verifyとverifydbcs関数でヌル値(“”)を使用することは可能です。

◆ 解決策

ツールセットのオンラインヘルプは今後のリリースで更新されます。

この情報は米国 CA, Inc. より提供されている Technical Documentsをもとに作成したものです。原文の詳細につきましては下記内容をご覧ください。

https://support.ca.com/irj/portal/kbtech?docid=535967&searchID=TEC535967

Document ID:TEC535967
Title:A Null string ("") is acceptable for both strings in the functions verify and verifydbcs.

以上

Attachments

    Outcomes