Easytrieve Plus のリリースアップ後、Easytrieve Plus で出力した帳票の左上に表示される日付が、以前のリリースでは、「年月日」の順になっていましたが、リリースアップ後では、「月日年」の順に変わっていました。考えられる原因は何でしょうか。

Document created by Masaaki_Iyama Employee on Jul 16, 2015Last modified by Masaaki_Iyama Employee on Jul 21, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001027

製品名: CA-Easytrieve Plus

バージョン: ALL

OS: z/OS, MSP, VOS3

 

Question

Easytrieve Plus のリリースアップ後、Easytrieve Plus で出力した帳票の左上に表示される日付が、以前のリリースでは、「年月日」の順になっていましたが、リリースアップ後では、「月日年」の順に変わっていました。考えられる原因は何でしょうか。

 

Answer

考えられる原因としては、Easytrieve Plus の稼動パラメータ・モジュールであるEZTPOPTにおけるカスタマイズ設定において、日付順序を設定するDATEパラメータが、以前お使いのリリースのEasytrieve Plusと、リリースアップ後のEasytrieve Plusで異なっている事が考えられます。

 

(以下、EZTPOPTカスタマイズ設定例の一部)

//ASM.SYSIN   DD *

              OPTTBL ABEXIT=SNAP,                                                                X

              ACROSS=4,                                                                               X

              ALTSEQ=(NO,EZTPAQTT),                                                            X

              BLOCK0=N,                                                                                X

              BUFNO=2,                                                                                 X

              CALCDUP=NO,                                                                            X

              CLIST=NOCLIST,                                                                        X

              CMSVFM=A1,                                                                             X

              COMPNME='COMPUTER ASSOCIATES INTL. -FIELD INSTALLATION',      X

              COMPSTR=4K,                                                                            X

              DATE=MMDDYY,                                                                         X

              DATEADJ=0,                                                                              X

(以下、省略。)

 

※上記例のDATEパラメータは、DATE=MMDDYYとなっています。年月日の順に設定する場合は、DATE=YYMMDDと設定します。

 

詳細に関しては、添付の導入手順書内の『基本カスタマイズモジュール(EZTPOPT)の生成』(P61から)を参照下さい。実行JCLとして、JOB8A、及びCA¥AIJS3が示されています。それらのJCLの違いは、SMP/Eを使用するか、否かの違いとなりますので、お客様環境に合わせて、いずれかのJCLを用いてカスタマイズ実施いただくこととなります。

(通常、JOB8Aは、Easytrieve Plusの導入JCLであるPrefix.JCLOUTライブラリ内に、また、CA¥AIJS3は、Prefix.SAMPJCLライブラリ内に、それぞれ存在しているはずです。)

 

<補足>

リリースアップの場合、EZTPOPTにおけるカスタマイズ設定については、前リリースにおけるカスタマイズ設定を継承することをお勧めします。前リリースにおける導入JCLでの設定内容を必ずご確認の上、カスタマイズ設定を行うようにして下さい。必要なパラメータ値を指定後、該当JOBをサブミットする事で、設定内容によるEZTPOPTのカスタマイズ・モジュールが作成されます。

Outcomes