LDAPDV03:LDIFを使用して、CA ACF2のLOGONIDにあるフィールドの変更をしたいです。サンプルのLDIFはありますか?

Document created by KAZUHIKO_FURUISHI Employee on Jul 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002125

製品名:  CA LDAP Server

バージョン: ALL

OS: z/OS

 

Question

 

LDIFを使ってldapmodifyコマンドを実行し、CA ACF2LOGONIDにおけるフィールドの追加、変更、削除を行いたいのですが、サンプルのLDIFはありますか?

 

Answer

 

一般的に、LOGONIDにおけるフィールドの指定方法は二つのケースがあります。

 

- 値を伴うフィールド

- 値を伴わないフィールド

 

以下に、二つのケースに分けてLDIFのサンプルを示します。

まず、下記のようなldapmodifyコマンドを使うと仮定します:

ldapmodify -D acf2lid=admuser,host=xxxx,o=yyy,c=zz -w admpswd -x -h hostname -f sample.ldif -v

(sample.ldifは下記のLDIF文が含まれるファイル名)

 

---値を伴うフィールド用のサンプルLDIF---

 

- LOGONID TSTUSERPHONE番号0123456789を追加、もしくは既存のPHONE番号を0123456789に変更:

dn: acf2lid=TSTUSER,acf2admingrp=lids,host=xxxx,o=yyy,c=zz

changetype:modify

Phone:0123456789

 

上記と同等のCA ACF2のコマンドは:

CHA TSTUSER PHONE(0123456789)

 

注:CA LDAP ServerCA ACF2データベース内のLOGONIDにおける各フィールドに対してUFN(User Friendly Names)を提供します。

例えば、PhoneCA ACF2データベース内のPHONEフィールドに対するUFNです。UFNの一覧はCA LDAP Server Administrator GuideChapter 3 CA ACF2_RA Backendをご覧下さい。

 

- LOGONID TSTUSERからPHONEフィールドを削除:

dn: acf2lid=TSTUSER,acf2admingrp=lids,host=xxxx,o=yyy,c=zz

changetype:modify

delete:Phone

 

上記と同等のCA ACF2のコマンドは:

CHA TSTUSER PHONE()

 

---値を伴なわないフィールド用のサンプルLDIF---

 

- LOGONID TSTUSERTRACE属性を追加:

dn: acf2lid=TSTUSER,acf2admingrp=lids,host=xxxx,o=yyy,c=zz

changetype:modify

TraceAllEvents:Y

 

上記と同等のCA ACF2のコマンドは:

CHA TSTUSER TRACE

 

- LOGONID TSTUSERからTRACE属性を削除

dn: acf2lid=TSTUSER,acf2admingrp=lids,host=xxxx,o=yyy,c=zz

changetype:modify

TraceAllEvents:N

 

上記と同等のCA ACF2のコマンドは:

CHA TSTUSER NOTRACE 

Attachments

    Outcomes