あるCA-Roscoe(SYSTEM-A)から他のCA-Roscoe(SYSTEM-B)へSIGNONキーをコピー/マージすることができますか?また、各システムでROSLIBsを上書することなく、他のCA-Roscoeから全てのサインオン・キーを追加することができますか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jul 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001609

製品名:CA Roscoe

バージョン:R6.0

OS:z/OS

 

Question

あるCA-Roscoe(SYSTEM-A)から他のCA-Roscoe(SYSTEM-B)へSIGNONキーをコピー/マージすることができますか?また、各システムでROSLIBsを上書することなく、他のCA-Roscoeから全てのサインオン・キーを追加することができますか?

 

Answer

以下のステップを実行してください。

 

1. PGM=LIBUTIL,PARM='BACKUP'ジョブによって、SYSTEM-AのROSLIBをバックアップ(以下のバックアップ・サンプルJCLを参照)

2. PGM=LIBUTIL,PARM='SELPFX,NOREPLACE'ジョブのSYSIN DDにIN=UPS,OUT=UPSを指定することで、SYSTEM-AからSYSTEM-Bへリストア(以下のリストア・サンプルJCLを参照)

3. UPSをリフレッシュするために、ROまたはAIプレフィックス・ユーザーでコマンド・ラインから『SET PRIV ON』と『ROZAP REFRESH UPS』コマンドを入力

   注意: 権限を持った他のプレフィックス・ユーザーでもリフレッシュすることができます。 また、コンソールから『F <ROSCOE jobname>,REFRESH UPS』を入力しリフレッシュすることもできます。 

 

Sample

以下はサンプルJCLです。PGM=LIBUTILの詳細は、 『CA-Roscoe Program and Utilities Guide』 のChapter 4.4をご参照ください。

 

バックアップ,

  //BACKUP  EXEC PGM=LIBUTIL,PARM='BACKUP'

  //ROSLIB00 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB00,DISP=SHR

  //ROSLIB01 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB01,DISP=SHR

  //ROSLIB02 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB02,DISP=SHR

  //ROSLIB03 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB03,DISP=SHR

  //BACKUP   DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB.BACKUP,DISP=(,CATLG,DELETE),

  //             UNIT=sysda,VOL=SER=vvvvvv,SPACE=(CYL,(n,n))

  //SYSPRINT DD  SYSOUT=*

  //SYSIN    DD  *

  /*

  //

 

リストア,

  //RESTORE EXEC PGM=LIBUTIL,PARM='SELPFX,NOREPLACE'

  //ROSLIB00 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB00,DISP=SHR

  //ROSLIB01 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB01,DISP=SHR

  //ROSLIB02 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB02,DISP=SHR

  //ROSLIB03 DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB03,DISP=SHR

  //BACKUP   DD  DSN=Prefix.ROSCOE.ROSLIB.BACKUP,DISP=SHR

  //SYSPRINT DD  SYSOUT=*

  //SYSIN    DD  *

  IN=UPS,OUT=UPS

  /*

  //

Attachments

    Outcomes