CA Vantage の CSA/ECSA および SQA/ESQA 使用について

Document created by Soichi_Nagatomo Employee on Jul 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002163

 

製品名:CA Vantage

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


CA Vantage の CSA/ECSA および SQA/ESQA 使用について

 

Answer


CA Vantage の CSA/ECSA および SQA/ESQA 使用は、
CA SYSVIEW の VSMTRACK コマンドや
CA Vantage の CA SYSVIEW インターフェースのVSMTRACK - VSM Tracking より確認できます。
CSA/ECSA に表示されるデータ量は、随時変化します。
またモジュールサイズもメンテナンス、エンハンスにより変わります。

実際に使用量は、使用しているオプションなどによっても変わります。
実際の使用量を確認するには、CA SYSVIEWなどの製品やツールを使用してのメモリー調査時点に表示される値を参照してください。
なお、CA Vantage ではSQA/ESQAは 直接 GETMAINしておらず、これらの領域はIBMサービスにより取得されたエリアとなります。

 

添付画面サンプル (CA Vantage タスクを CA Vantage の CA SYSVIEW インターフェース VSMTRACK - VSM Tracking にて表示した例)

Attachments

Outcomes