CA Technologies セキュリティ製品 プラットフォーム サポート ポリシー

Document created by Tomo_Fujita Employee on Jul 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002187

製品名: CA User Activity Reporting

 

CA Technologies
セキュリティ製品 プラットフォーム サポート ポリシー

 

最終更新日:2010年12月18日

本文書はCA セキュリティ製品のプラットフォーム サポートについてのガイドラインを示すものです。

CA Technologies は弊社のソフトウェアおよびサービスの改善に努め、お客様のご要望に応えられるよう、日々努力しております。最新のコンピューティング環境ならびに将来の 環境を効果的にサポートするため、弊社製品を定期的に評価し、戦略的方向性を決定しております。この評価では、弊社製品がサポートするプラットフォームに ついても調査、検討を行っております。お客様や業界アナリストからのフィードバックを踏まえ、市場のサードパーティ製品を調査し、基準として2つのレベル (ティア1、ティア2)を定義しています。各ティアについての詳細は以下にご説明します。CA Technologies は以下に示す SLA ガイドラインを守るために、合理的な努力を尽くすものとします。しかしながら、CA Technologies は、いかなる状況においてもこれらガイドラインの履行遅延または不履行に対して責任を負うものではありません。

ティア1プラットフォーム

ティア1プラットフォームは CA セキュリティ製品 において、戦略上重要であると判断されたプラットフォームです。

各製品のサポート対象バージョンやハードウェア構成については、CA Support Online の compatibility matrix に明記されています。上述のように、CA は CA セキュリティ製品の有効なメンテナンス契約をお持ちのお客様に対し、以下のサポートを提供する合理的な努力を行います。

  1. ティア1プラットフォームの新リリース正式出荷日から6ヶ月以内に、対応するCAセキュリティ製品を出荷します。 (※).
    1. 本サポートは、CA セキュリティ製品の今後のリリースに適用されます。CA は自らの裁量により、CA セキュリティ製品のこれまでのリリースに関しても ティア1 プラットフォーム サポートを提供する場合があります。また、CA のティア1 プラットフォーム サポート提供可否は、OS ベンダーの新リリース、サービス パック、パッチ、更新のリリース決定時期を含む多くの要因に依存しています。CA は上記予定期日を満たさないいかなる遅延や不履行にも責任を負いません。
    2. CA 製品マトリクスには、サポートするサードパーティ プラットフォームの GA/GA-1 バージョンを掲載します。CA は自らの裁量により、それ以前のバージョンに対し、ティア1 プラットフォーム サポートを提供する場合があります。
    3. プラットフォーム ベンダーが各社の製品ライフサイクルに従って以前の OS バージョンの標準サポートを終了した場合、CA セキュリティ製品のプラットフォーム サポートもそれに伴って変更されます。ベンダーがOSの標準サポートを終了した日以降は、CA セキュリティ製品のティア1 プラットフォーム サポートも終了する場合があります。その際、CA は該当するサポートを提供する義務を負いません。また、該当 OS に対するプラットフォーム サポートの提供有無、形態の判断は、CA の裁量に任されているものとします。

ティア2プラットフォーム

CA セキュリティ製品は広範囲のプラットフォームをサポートしています。プラットフォーム対応を他社と差別化する大切な要素であり、お客様に対する強いコミッ トメントと位置づけ、今後も継続していきます。CA は、CA セキュリティ製品の有効なメンテナンス契約をお持ちのお客様に対し、以下のサポートを提供する合理的な努力を行うものとします。

  1. ティア2のメジャー/マイナー リリースに対し、リリースの正式出荷日から6-12ヶ月以内に対応するCAセキュリティ製品を出荷します。 (※)

    1. CA は独自の裁量により、新リリース、CA セキュリティ製品の新バージョンに対するサポート提供可否を個別に判断します。
    2. 上記サポートは、CA セキュリティ製品の今後のリリースに適用されます。CA は自らの裁量により、CA セキュリティ製品のこれまでのリリースに関しても ティア2 プラットフォーム サポートを提供する場合があります。また、CA のティア2 プラットフォーム サポート提供可否は、サードパーティ ベンダーの新リリース、サービス パック、パッチ、更新のリリース決定時期を含む多くの要因に依存しています。CA は上記予定期日を満たさないいかなる遅延や不履行にも責任を負いません。
    3. CA 製品マトリクスには、サポートするサードパーティ プラットフォームの GA/GA-1 バージョンを掲載します。CA は自らの裁量により、それ以前のバージョンに対し、ティア2 プラットフォーム サポートを提供する場合があります。
    4. プラットフォーム ベンダーが各社の製品ライフサイクルに従って以前の OS バージョンの標準サポートを終了した場合、CA セキュリティ製品のプラットフォーム サポートもそれに伴って変更となります。ベンダーがOSの標準サポートを終了した日以降は、CA セキュリティ製品のティア2 プラットフォーム サポートも終了する場合があります。その際、CA は該当するサポートを提供する義務を負いません。また、該当 OS に対するプラットフォーム サポートの提供有無、形態の判断は、CA の裁量に任されているものとします。

仮想プラットフォーム

仮想環境サポートに関する CA の標準ポリシーは、以下をご確認ください。
英語:https://support.ca.com/irj/portal/anonymous/phpsupcontent?contentID=189545
日本語:http://www.casupport.jp/resources/info/pdf/CASupportStatementforVirtualization.pdf

CA セキュリティ製品が現在サポートしている仮想プラットフォームの詳細ついては、CA Support Online の各製品ページ(Product Page) をご確認ください。

 


Copyright 2010 CA, Inc. All rights reserved. すべての製品名、サービス名、商号およびロゴは、各社の商標またはサービスマークです。
CA は、明示または黙示に関係なく、本書を何ら保証なく現状有姿のまま提供し、予告なくその内容を変更することがあります。本書に記載されている内容は、CA とお客様との間で交わされた保守についてのいかなる合意内容を修正または変更するものではありません。CAは本書に含まれる情報の正確性や完全性について 一切責任を負うものではありません。また、本書の使用が直接または間接に起因し、逸失利益、業務の中断、営業権の喪失、業務情報の損失等いかなる損害が発 生しても、CAは使用者または第三者に対し責任を負いません。CAがかかる損害の可能性について事前に明示に通告されていた場合も同様とします。

Attachments

    Outcomes