2Dマップのエージェントのステータスが赤色

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001901

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


◆ 質問

エージェント機上では、システムエージェント、ログエージェントが稼動していて、エージェントビュー上のステータスはノーマルなのにも関わらず、2Dマップ上のエージェントのステータスは赤色です。対応方法を教えて下さい。

 

◆ 回答

マネージャからエージェント機へのポーリングがタイムアウトしたために、DSMストアにエージェントの監視項目が正常に作成されていない可能性が考えられます。
2Dマップより、エージェントのアイコンを選択し、右クリック「ビューノード」を選択し、ノードビューを 起動してください。エージェントのツリー配下の各リソースのツリーが作成されていない場合には、以下の操作をお願いいたします。
ノードビューのオプションメニューより、「オブジェクトのディスカバリ」を選択してください。
各エージェントのツリー以下のサブツリーが作成され、ステータスが正しくマップに反映されます。

正常にツリーが作成されない場合には、以下の手順により、エージェント機との間のSNMPの疎通をご確認ください。

 

1.ノードビューより、「Win2k System Agent」、「Log Agent V2」「Unix System Agent」などの該当のエージェントのツリー選択し、右クリック「プロパティ」を選択し、CommunityString の文字列を確認してください。

2.1にて確認したコミュニティにて以下のawget コマンドをマネージャ機より、実行してください。

awget -h <agent ip> -c <community> -p 6665 -o <OID>

OID には以下の値を指定してください。

[Windows 2000システムエージェント] 1.3.6.1.4.1.791.2.10.2.43.1.1.1.0
[UNIX システムエージェント] 1.3.6.1.4.1.791.2.9.4.5.1.1.1.0
[ログエージェント]1.3.6.1.4.1.791.2.9.5.5.1.1.1.0

実行例)
マネージャ機とエージェント機にて、正常にエージェントのMIB値が参照できる場合には、以下のようにエージェントMIB内のバージョン番号が表示されます。

>awget -h 192.168.1.1 -c public -p 6665 -o 1.3.6.1.4.1.791.2.10.2.43.1.1.1.0
1.3.6.1.4.1.791.2.10.2.43.1.1.1.0 v3.0.6.2

タイムアウトする場合には、マネージャ機とエージェント間でのUDP/6665 ポートにおいての通信の疎通がとれていませんので、以下の可能性が考えられます。

  • マネージャ機とエージェント間にて、UDP/6665 ポートが許可されていない
  • エージェント機上にて、エージェントが正常に稼動していない
    (エージェント機上、awservies status にて稼動状況をご確認ください。)
  • エージェント機上のコミュニティ設定とマネージャが認識しているコミュニティ名が一致しない
    (エージェント機上のaws_sadmin.cfg 内のコミュニティ名をご確認ください。)
    エージェントが稼動していて、コミュニティ名が一致しているにも関わらず、正常に参照できない場合には、以下の可能性が考えられますので、ネットワーク管理者にご確認ください。 
  • マネージャ機とエージェント間にて、UDP/6665 ポートが許可されていない

Attachments

    Outcomes