Unicenter Remote Monitoring での論理ディスクパフォーマンスカウンタの有効化

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001936

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -

 

◆ 概要

Unicenter Remote Monitoring で論理ディスクパフォーマンスカウンタを監視する方法について説明します。

◆ 手順

Unicenter Remote Monitoring (URM) は Microsoft パフォーマンス監視インタフェースを使用して論理ディスクの情報を取得します。
そのため、Windows オペレーティングシステムレベルで論理ディスクパフォーマンスカウンタを有効にする必要があります。

    • 論理ディスクパフォーマンスカウンタを有効にするには、DOS プロンプトから以下を入力します。
diskperf -y 
  • システムを再起動します。

この後、 URM は論理ディスクパフォーマンスカウンタを監視します。

Attachments

    Outcomes