キューブデータの収集を一時的に停止する方法について

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 24, 2015Last modified by shunsuke_katakura Employee on Mar 11, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001946

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -

 

◆ Question

パフォーマンスエージェントでキューブデータを収集していますが、エージェントを停止する以外で、一時的にキューブデータの収集を停止することは可能ですか。

◆ Answer

2Dマップにて該当のサーバーのマップを選択、右クリックし、「パフォーマンス収集の変更」を選択してください。OKボタンを押して、パフォーマンスドメインサーバーに接続してください。

以下のウィンドウにて、「パフォーマンスデータ収集の無効化」を選択し、OKボタンを押してください。

032010108_img001.jpg

 

パフォーマンスデータの収集を再開する際には、同様に、「パフォーマンス収集の変更」を選択し、「パフォーマンスデータ収集の再有効化」を選択してください。

032010108_img002.jpg

 

上記の操作をMCCで行う場合には、該当のエージェント機を選択し、右クリック「アクション」メニューより、「パフォーマンス収集の変更」を選択することにより、同じGUIが表示されます。

収集状態を確認する際には、2Dマップにて該当のサーバーのマップを選択、右クリックし、「パフォーマンス収集の表示」を選択し、一般タ ブのプロファイル名をご確認ください。プロファイル名がCollection_Disabled@<hostname> になっている場合には、パフォーマンス収集が停止されている状態になります。

Attachments

    Outcomes