EPAgent 9.7.1のWindowsサービスへの登録について

Document created by Takeshi_Matsushima Employee on Jul 27, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC001404
製品名CA APM Introscope EPAgent
バージョン9.7.1
OSWindows

 


 

◆ 概要

EPAgentをWindowsサービスに登録できるツールが、一部インストーラを使用した場合インストールされない。


◆ 詳細内容

APM 9.7.1からEPAgentをWindowsサービスに登録するツールがバンドルされたが、Introscope Agent Installers r9.7.1に含まれるIntroscopeStandaloneAgentPP9.7.1.16windows.exeからEPAgentをインストールした場合、EPAgentをWindowsサービスに登録するツールがインストールされません。


◆ 回避策

EPAgentをWindowsサービスに登録する必要がある場合は、Introscope Environment Performance-EP-Agent Files r9.7.1に含まれるEPAgent9.7.1.16windows.zipをご使用ください。


◆ Windowsサービスへの登録方法

1. EPAgent9.7.1.16windows.zipをダウンロードして解凍します。
2. 環境変数JAVA_HOMEが正しく設定されていることを確認します。
3. <EPAHome>¥binディレクトリに移動します。
4. 以下のコマンドを実行してEPAgentを起動します。

EPACtrl.bat <command>

<command> は以下のとおりです。
- console -- EPAgentをコンソール上で起動します
- start -- Windowsサービスに登録されたEPAgentを起動します
- stop -- Windowsサービスに登録されたEPAgentを停止します
- register -- EPAgentをWindowsサービスとして登録します
- unregister -- EPAgentを停止し、Windowsサービス登録を削除します
- status -- EPAgentのWindowsサービスでのステータスを出力します
- restart -- Windowsサービスに登録されたEPAgentを再起動します
- help -- ヘルプ情報を出力します

Attachments

    Outcomes