日本語版『CA Gen z/OS インストール ガイドr8』のページ351の誤訳について

Document created by Miharu_Toyama Employee on Jul 28, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001802

製品名: CA Gen

バージョン:CA Gen Documentation: r8.0

OS:



◆ 詳細内容

日本語版『CA Gen z/OS インストール ガイドr8』の以下の部分に誤訳がございました。

ページ351:
-----------------------------------------------------------------------------------------------
AllFusion Gen r7 以降、動的なランタイム モジュール TIRCRUNC(CICS)および TIRCRUNI(IMS)がランタイム TIRENTC(CICS)および TIRENTI(IMS)に置き換わりました。 AllFusion Gen r7 より前に構築されたアプリケーションは TIRENTC および TIRENTI のランタイムを使用する必要があります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

これは正しくは以下の内容となります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
AllFusion Gen r7 以降、動的なランタイム モジュール TIRENTC(CICS)および TIRENTI(IMS)がランタイム TIRCRUNC(CICS)および TIRCRUNI(IMS)に置き換わりました。 AllFusion Gen r7 より前に構築されたアプリケーションは TIRENTC および TIRENTI のランタイムを使用する必要があります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

AllFusion Gen r7 以降の動的なランタイム モジュールはTIRCRUNC(CICS)とTIRCRUNI (IMS)です。
CICSについてはGen r7以降、旧リリースのTIRENTCから新しいTIRCRUNCへ置き換わっています。
ご参考までに、実際に変更があったGen r7のリリースサマリでは以下のように記述されています。

ページ26:
AllFusion Gen サーバのダイナミック・ランタイム AllFusion Gen の旧リリースでは、AllFusion Gen 分散プロセス型サーバ(DPS)で使用されるSAS/C ランタイム・ルーチンが1 つのモジュールに統合され、このモジュールは実行時に動的にロードされていました。CICS のダイナミック・ランタイムはTIRENTC で、IMS のダイナミック・ランタイムはTIRENTI です。

AllFusion Gen r7 では、IMS 用の同等のモジュールはTIRCRUNI、CICS 用の同等の モジュールはTIRCRUNC と呼ばれます。AllFusion Gen r7 のダイナミック・ランタイムは、旧バージョンのAllFusion Gen を使って作成されたアプリケーションでは使用できません。


ご質問等がございましたら、恐れ入りますが弊社サポートまでご連絡ください。

Attachments

    Outcomes