コマンドラインでAPPLYPTFによるパッチ適用を行う方法について

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002268

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


Question

コマンドラインを使用してAPPLYPTFによるパッチ適用を行う方法について教えて下さい。

 

Answer

WINDOWSプラットフォーム

この例では、パッチ Qo12345を適用します。
事前準備として、C:\patch\Qo12345(任意のフォルダ)に、Qo12345.caz が解凍されているとします。

\> applyptf /PTF=c:\patch\12345\QO12345.JCL /NODE=ノード名 /SILENT /OUTPUTFILE=c:\temp\46871.log

引数の説明

/PTF= 適用するパッチのJCLファイル(絶対パス指定)
/NODE= パッチを適用するノード名
/SILENT= applyptfapplyptfを非対話形式(画面なし)で実行するためのパラメータ
/OUTPUTFILE= パッチ適用時のログをファイルに出力する

(*) その他の引数については、
\>applyptf /?
で確認できます。

UNIXプラットフォーム

WINDOWS同様、パッチ Qo12345を適用する例を記載します。
事前準備として、/work/Qo12345(任意のディレクトリ)に、Qo12345.tar.Z が解凍されているとします。

# /usr/tmp/applyptf/applyptf -r /work/Qo12345/Qo12345.JCL

引数の説明

-r適用するパッチのJCLファイル(絶対パス指定)

(*) その他の引数については、
# applyptf -?
で確認できます。

Attachments

    Outcomes