Autosubとその役割について

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002258

製品名:                NSM ジョブ管理オプション

バージョン:           -

OS:                     -


Question

Autosubとその役割について教えて下さい。

 

Answer

Autosub の設定により、スケジュールされているジョブを実際に実行するかどうかを制御することが出来ます。AutosubがOFFの場合、スケジュールされたジョブは、WRSRCステータスとなり、autosubがONになるまで実行されません。

AutosubのON / OFFは、以下のコマンドの出力結果より確認できます。

# cautil status monitor

自動選択「はい」のジョブセット/ジョブに対して、カレンダデータベースに存在しないカレンダ名を割り当てた場合、誤動作を防ぐため、オートスキャン動作中に、NSM は Autosub を強制的に停止します。これは、カレンダ名のスペルミスであっても同様です。
AutosubがOFFになると、イベントコンソールには以下のようなメッセージが出力されます。

CASH_E_0490,  カレンダエラー STOP AUTOSUBコマンドは強制実行されました。
CASH_W_0489, AUTOSUBは非アクティブです - ジョブのサブミットは停止されました。

AutosubをOFFからONに戻すには、以下のコマンドを実行して下さい。

# cautil start autosub

(補足)
NSM起動時のAutosubの初期ステータスを制御する方法について説明致します。

UNIXプラットフォームの場合

$CAIGLBL0000/sche/scripts/envset ファイルにて、環境変数$CAISCHD0210の値で制御可能です。NSM起動時にAutosubをOFFで起動させたい場合は、この変数をOffとして設定し、NSMを起動して下さい。

#

#    CAISCHD0210- Controls whether Autosub will be Started or Stopped

#                           at startup time.Valid values are:

#    "Normal" - The Autosub value will be the same as it was when workload

#                     was shut down.This is the default behavior.

#    "Test"- If the last shutdown of workload was a clean shutdown, then

#                 It will behave as "Normal".Otherwise, Autosub will be stopped.

#    ""Off"- Autosub will always be stopped at startup time.The user

#                must issue 'cautil start autosub' before any jobs will submit.

#

CAISCHD0210="Normal"

export CAISCHD0210

WINDOWSプラットフォームの場合

エンタープライズ管理設定画面にて設定を制御可能です。
[クライアント設定] [ワークロード管理]

「起動時にautosubを実行」

NSM起動時にAutosubをOFFで起動させたい場合は、この変数をOFFとして設定し、NSMを起動して下さい。

Attachments

    Outcomes